歌詞和訳るび.com

歌詞和訳るび.comは、K-POPと洋楽の歌詞を日本語に翻訳し、かなルビ付きで提供するサイトです。新曲からアニメ、カラオケのヒット曲まで、3700曲以上の幅広いジャンルをカバーしています。

<歌詞和訳> Way Up - Austin Mahone:オースティン・マホーン (ウェイ・アップ)

当サイトはリンクフリーです。

Way Up
ウェイ・アップ
Austin Mahone
オースティン・マホーン
のかなルビと歌詞和訳


 


[Chorus]

She think she way up
あの子は自分がすごく上にいると思っているんだ
「way up」はスラングで、「とても成功している」とか「とても高い地位にいる」と自分で思っていることを意味します。


Cause she steady chasin' the fame
だって、ずっと有名になりたいって追いかけてるから
「chasin' the fame」はスラングで、有名になることを一生懸命追い求めていることを表します。


She said they'll remember her name
「みんな、あたしの名前を覚えてるよね」と言ってる


She'll do anything for the camera
カメラの前では何でもやるって決めてる
「anything for the camera」は比喩表現で、注目を集めるためにはどんなことでもするという意味です。


She way up
あの子は自分がすごく上にいると思っている


She just want the lights
ただ注目されたいだけ


She's living for the lights
注目されるために生きてる
「living for the lights」は比喩表現で、人々の注目を浴びることが彼女の生きがいであることを意味します。


She snappin' all the time
いつも写真を撮ってるんだ
「snappin'」はスラングで、特にSNSに投稿するために頻繁に写真を撮ることを指します。


She think she
あの子は自分がすごく上にいると思っている

 


[Verse 1]




She a bad girl, she slim in the waist
あの子はちょっと問題を起こす子で、スタイルがいい
「bad girl」はスラングで、規則を破ったり、少し反抗的な行動を取る女性を指します。「slim in the waist」は直訳で「ウエストが細い」という意味ですが、ここでは彼女の魅力的な体型を強調しています。


She get what she want cause she pretty in the face
顔がかわいいから、欲しいものは何でも手に入る
「pretty in the face」は直訳で「顔がかわいい」という意味ですが、ここでは外見による特権や利点を得ていることを示しています。


Takin' out her phone and she posin' for the picture
携帯を取り出して、写真を撮るポーズをする
「posin' for the picture」は、写真を撮るためにポーズを取ることを意味しますが、SNSなどでの自己演出を指している可能性があります。


Filter out the things she ain't feelin' in the mirror
鏡に映った自分の気に入らないところは、フィルターで隠す
「Filter out」は、写真アプリのフィルター機能を使って、気に入らない部分を修正することを指します。比喩的には、自分の欠点や不安を隠して、より良い自分を演出しようとする行動を表しています。


She got attitude when she ain't in the mood
機嫌が悪いときは、すぐ態度が大きくなる
「got attitude」はスラングで、機嫌が悪いときに見せる反抗的または攻撃的な態度を意味します。


Petty, she petty, she the drama in her crew
小さなことで怒って、友達といざこざを起こす
「Petty」は、些細なことにこだわり、それが原因で周囲とトラブルを起こすことを指すスラングです。「drama in her crew」は、彼女の周りで起こるドラマチックな出来事や問題を指しています。


Steady, she steady tryna come up on a dude
ずっといい男を探して、何かを手に入れようとしてる
「come up on a dude」はスラングで、男性に近づいて何かを得ようとする女性の行動を指します。


Life of the party and she comin' after you
パーティーの中心で、次はあなたをターゲットにしてる
「Life of the party」は、パーティーで注目の中心になる人を指す表現です。「comin' after you」は、あなたに興味を持って近づいてくることを意味します。

 


[Refrain]

Lately been lookin' for somebody special
最近は特別な人を探してるんだ
「somebody special」は直訳で「特別な人」という意味ですが、ここでは深いつながりや意味のある関係を求めていることを表しています。


Scroll through my timeline, I just see the same
でも、SNSを見てもいつも同じような人ばかり
「Scroll through my timeline」は直訳で「タイムラインをスクロールする」という意味ですが、SNSで新しい出会いや変化を求めているが、いつも同じパターンの投稿や人々しか見ないことに対する失望を表しています。


This got me thinkin', I'd rather be alone
だから思うんだ、一人でいた方がましだって
「I'd rather be alone」は、「一人でいる方が良い」という意味ですが、ここでは表面的な関係よりも、自分自身の会社を好むことを示しています。


Don't wanna deal with these basics, they're fake
普通の人たちとは関わりたくない、偽物だから
「basics」はここでは「平凡な人々」という意味で使われていますが、スラングとしては「基本的で面白みのない人々」を指すことがあります。「they're fake」は、「彼らは偽物だ」という意味で、本物の感情や人間関係を持たない人々を批判しています。


 


[Chorus]



She think she way up
あの子は自分がすごく上にいると思っているんだ


Cause she steady chasin' the fame
だって、ずっと有名になりたいって追いかけてるから


She said they'll remember her name
「みんな、あたしの名前を覚えてるよね」と言ってる


She'll do anything for the camera
カメラの前では何でもやるって決めてる


She way up
あの子は自分がすごく上にいると思っている


She just want the lights
ただ注目されたいだけ


She's living for the lights
注目されるために生きてる


She snappin' all the time
いつも写真を撮ってるんだ


She think she way up
あの子は自分がすごく上にいると思っている


She think she way up
あの子は自分がすごく上にいると思っている


She think she way up
あの子は自分がすごく上にいると思っている


She think she way, she think she
あの子は自分がすごく上にいると思っている、あの子は


She think she, she think she
あの子は、あの子は


She think she way up
あの子は自分がすごく上にいると思っている






 


[Verse 2]

Where the real ones who be lookin' for a come up?
本当にいい人はどこにいるの?成功を探してる人は?
「real ones」はスラングで、偽りのない、本物の人々を指します。「come up」は成功や向上を意味するスラングです。


Who be chillin', need someone to feel 'em, let me know 'em
リラックスして、本当の気持ちを共有できる人が欲しいんだ
「chillin'」はリラックスしている状態を指すスラングです。「feel 'em」は感情を共有する、または共感することを意味します。


Waiting for a lady, I can vibe out with her
自分のことを理解してくれる女性を待ってる
「vibe out」は一緒にリラックスして楽しむことを指すスラングです。


Yes she got her own, she don't need no one to give her
そう、あの子には自分の力があるから、誰かに頼る必要はないんだ
「got her own」は自立していて、他人に依存しないことを指す表現です。


Anything least that wanna give me that feelin'
少なくとも、心地いい感じをくれるものが欲しい


Need a queen, when we on the scene we can kill 'em
女王みたいな存在が必要だ、みんなの注目を浴びる場所で
「queen」はここでは尊敬される女性を指し、「kill 'em」はスラングで、場にいる人々を感心させることを意味します。


We a team, feelin' like a king and a winner
チームとして、王様や勝者みたいに感じたい
「feelin' like a king and a winner」は、自信があり、成功していると感じることを表す比喩表現です。


I'm a beast, since she come around me I'ma get her
強くて、あの子が近づいてきたら、絶対に手に入れる
「beast」はスラングで、非常に強い、または優れた能力を持っていることを意味します。「I'ma get her」は、彼女を惹きつける自信があることを表しています。

 


[Refrain]



Lately been lookin' for somebody special
最近は特別な人を探してるんだ


Scroll through my timeline, I just see the same
でも、SNSを見てもいつも同じような人ばかり


This got me thinkin', I'd rather be alone
だから思うんだ、一人でいた方がましだって


Don't wanna deal with these basics, they're fake
普通の人たちとは関わりたくない、偽物だから






 


[Chorus]



She think she way up
あの子は自分がすごく上にいると思っているんだ


Cause she steady chasin' the fame
だって、ずっと有名になりたいって追いかけてるから


She said they'll remember her name
「みんな、あたしの名前を覚えてるよね」と言ってる


She'll do anything for the camera
カメラの前では何でもやるって決めてる


She way up
あの子は自分がすごく上にいると思っている


She just want the lights
ただ注目されたいだけ


She's living for the lights
注目されるために生きてる


She snappin' all the time
いつも写真を撮ってるんだ


She think she way up
あの子は自分がすごく上にいると思っている


She think she way up
あの子は自分がすごく上にいると思っている


She think she way up
あの子は自分がすごく上にいると思っている


She think she way, she think she
あの子は自分がすごく上にいると思っている、あの子は


She think she, she think she
あの子は、あの子は


She think she way up
あの子は自分がすごく上にいると思っている



Way Up
ウェイ・アップ
Austin Mahone
オースティン・マホーン
の歌詞の意味と解説

🌟オースティン・マホーン「ウェイ・アップ」の真実🌟

オースティン・マホーンの曲「ウェイ・アップ」は、名声と注目を求める現代の若者たちの姿を鋭く描いています

この曲では、SNSでの人気外見だけの魅力に価値を見出すことの虚しさを表現し、本当の自分を見失うことの危険性を警告しています

物語は、名声を追い求める女性の姿を通して展開されます

彼女はSNSでの注目を集めるために何でもするが、それは本当の幸福や満足感をもたらさないことを示しています

オースティンは、「リアルな人間関係」自己価値を大切にするメッセージを伝えています

この曲を聴くことで、私たちは自分自身を見つめ直し「何が本当に大切か」を考えるきっかけを得ることができるでしょう

🎶

🚀「ウェイ・アップ」のスラングと比喩表現について🚀

オースティン・マホーンの「ウェイ・アップ」には、若者の生活や感情を表すために使われるスラングや比喩表現がたくさん含まれています

以下にその一部をリストアップし、それぞれの意味を解説します

  • "She think she way up": 彼女は自分がとても成功していると思っています

  • "Chasin' the fame": 名声を追い求めること

  • "Anything for the camera": カメラの前では何でもする

  • "She just want the lights": 彼女はただ注目されたいだけです

  • "She's living for the lights": 彼女は注目されるために生きています

  • "She snappin' all the time": 彼女はいつも写真を撮っています

  • "She a bad girl": 彼女はちょっと問題を起こす女の子です

  • "Slim in the waist": ウエストが細い

  • "Pretty in the face": 顔がきれい

  • "Filter out": 鏡に映る自分の気に入らない部分を隠します

  • "Petty": 些細なことにこだわる

  • "Drama in her crew": 彼女の周りにはいつもドラマがあります

  • "Come up on a dude": 男性に近づいて何かを得ようとします

  • "Life of the party": パーティーの中心人物です

  • "Basics": 平凡な人々

  • "Real ones": 本物の人々

  • "Come up": 成功する

  • "Vibe out": リラックスして楽しむ

  • "Got her own": 自分のものを持っている

  • "Queen": 尊敬される女性

  • "Scene": 社交場

  • "Kill 'em": みんなを感心させる

  • "Feelin' like a king and a winner": 勝者のように感じる

  • "Beast": 非常に強い人

これらの表現は、歌詞を通じて若者たちの日常生活や感情を色鮮やかに描き出しています

🌟

✨オースティン・マホーン「ウェイ・アップ」リリース時の輝き✨

ウェイ・アップ」は、オースティン・マホーンが2017年にリリースしたシングルです

この曲は、彼のアルバム「Dirty Work – The Album」のリリースと同時に日本で独占的にリリースされました

オースティン・マホーンは、1996年4月4日にテキサス州サンアントニオで生まれ、YouTubeでポップソングのカバーを披露することで初めて注目を集めました

彼の音楽は、ポップR&Bダンスポップといったジャンルに分類されます[^1^][1]

「ウェイ・アップ」は、彼の音楽キャリアの中でも特に若者に人気のある曲で、名声と自己表現のテーマを探求しています

🎵

この曲の画像

<歌詞和訳> Way Up - Austin Mahone:オースティン・マホーン (ウェイ・アップ)

<歌詞和訳> Way Up - Austin Mahone:オースティン・マホーン (ウェイ・アップ)
他の記事を検索する