歌詞和訳るび.com

歌詞和訳るび.comは、K-POPと洋楽の歌詞を日本語に翻訳し、かなルビ付きで提供するサイトです。新曲からアニメ、カラオケのヒット曲まで、3700曲以上の幅広いジャンルをカバーしています。

<和訳> LUNCH - Billie Eilish:ビリー・アイリッシュ (ランチ)

当サイトはリンクフリーです。

LUNCH
ランチ
Billie Eilish
ビリー・アイリッシュ
のかなルビと歌詞和訳


 


[Intro]



Oh, mm-mm
ああ、あぁ-あぁ






 


[Chorus]

I could eat that girl for lunch
あの子のことが本当に食べたくてたまらないの

「食べたくてたまらない」は、文字通りの意味ではなく、とても惹かれている、または強い欲望を感じているという比喩表現です😍。



Yeah, she dances on my tongue
あぁ、あの子のことがあたしの舌の上で踊っているみたい

「舌の上で踊る」も比喩表現で、味わっている、感じているという意味で使われます。ここでは、その人の存在がとても心地よく感じられることを表しています🌟。



Tastes like she might be the one
きっとあの子はあたしにとって唯一無二の存在なのかもしれない


And I could never get enough
でもあたし、もうあの子から目が離せないわ


I could buy her so much stuff
いろんなものをあの子にあげられそう


It's a craving, not a crush, huh
これは単なる気まぐれじゃなくて、本当の欲求なのね

「craving, not a crush」は、一時的な好意(crush)ではなく、もっと深い、抑えがたい欲求(craving)を表しています。つまり、表面的な気持ちではなく、根深い感情を示しているんですね🔥。



"Call me when you're there"
「あたしが着いたら電話して」って伝えたわ


Said, "I bought you somethin' rare
「何か特別なものを用意したから、


And I left it under 'Claire'"
それをクレアのところに置いといた」って


So now, she's comin' up the stairs
だから今、あの子は階段を上がってきているのよ


So I'm pullin' up a chair
だからあたしは椅子を引いて


And I'm puttin' up my hair
そして髪の毛をきちんと整えるわ

 


[Verse 1]




Baby, I think you were made for me
ベイビー、まるであたしはあなたのために生まれたみたいだね

「you were made for me」は、比喩表現で、まるで運命的に相手が自分のために存在しているかのように感じることを示しています。素敵なロマンチックな表現ですね💕。



Somebody write down the recipe
レシピ書いてよ

「recipe」は、ここでは比喩表現で、完璧な関係を作り上げるための「方法」や「秘訣」を意味しています。まるで料理のレシピみたいに簡単に愛が作れたらいいのに、という感じですね🍰。



Been tryin' hard not to overeat
あまり食べ過ぎないよう気をつけてきたけど

「overeat」は、スラングではないですが、ここでは「あなたに対して過剰に夢中にならないようにしている」という比喩的な意味で使われています。控えめにしているけど、つい惹かれちゃうんです🍫。



You're just so sweet
あなたがめちゃくちゃ美味しいんだもん

「sweet」は、ここでは比喩表現で、相手がとても魅力的で愛らしいことを示しています。まるでキャンディみたいに甘くてたまらない存在ですね🍬。



I'll run a shower for you like you want
あなたが望むなら、シャワーだって用意しておくからさ


Clothes on the counter for you, try 'em on
カウンターに洋服も用意しといたから、着てみてよ


If I'm allowed, I'll help you take 'em off
許可してくれたら、それ脱がせてあげられるよ


Huh
あぁ

 


[Chorus]





I could eat that girl for lunch
あの子のことが本当に食べたくてたまらないの

「食べたくてたまらない」は、実際に人を食べるわけではなく、比喩表現です。とても魅力的で、引き込まれる感じを表しています。🍽️👀



Yeah, she dances on my tongue
あぁ、あの子のことがあたしの舌の上で踊っているみたい

「舌の上で踊っている」比喩表現で、何かがとても美味しく感じる、またはその人のことを考えるだけで幸せな気分になれることを言います。👅💃



Tastes like she might be the one
きっとあの子はあたしにとって唯一無二の存在なのかもしれない


And I could never get enough
でもあたし、もうあの子から目が離せないわ


I could buy her so much stuff
いろんなものをあの子にあげられそう


It's a craving, not a crush, huh
これは単なる気まぐれじゃなくて、本当の欲求なのね

「craving, not a crush」は、比喩表現として使われています。一時的な好き(crush)よりも、もっと深く、強烈な欲望(craving)を示しています。😌💖



 


[Post-Chorus]



Oh, I just wanna get her off, oh
ああ、あたしただあの子を自由にしてあげたいだけなの


Oh
ああ


Oh, oh
ああ、ああ


Oh
ああ






 


[Verse 2]

She's takin' pictures in the mirror
あの子、鏡の前で写真を撮っているの

「takin' pictures in the mirror」は直訳すると「鏡の前で写真を撮る」となりますが、自撮りをしている様子を表しています。自撮りは、特に若者の間で流行っている行為で、SNSなどにアップするためによく行われます。📸



Oh my God, her skin's so clear
ああ、神様、あの子の肌があまりにもきれいだわ


Tell her, "Bring that over here"
「そっちに来て」って呼んでみるわ


You need a seat? I'll volunteer
座る場所が必要なら、あたしのを貸してあげるわ

「I'll volunteer」は、「ボランティアする」の意味がありますが、ここでは「喜んで提供する」という意味で使われています。相手のために何かをすることを、前向きでポジティブな態度で表現しているんだね。😊



Now she's smilin' ear to ear
そしてあの子、耳まで赤くなって微笑んでいる


She's the headlights, I'm the deer
あの子が前照灯で、あたしが鹿なのかもしれない

「She's the headlights, I'm the deer」は比喩表現で、直面する状況や人物に圧倒されている様子を表しています。車の前照灯に照らされた鹿が動けなくなるように、相手の魅力に圧倒されている感じ。😳


 


[Bridge]




I've said it all before, but I'll say it again
前にも言ったけど、もう一回言うわ


I'm interested in more than just bein' your friend
あたし、あの子と本当の関係になりたいの

「本当の関係」はここでは、友達以上の、もっと深い関係を求めているという意味です。👫💕



I don't wanna break it, just want it to bend
壊したくないから、ただ曲がらせてほしい

「壊したくないから、ただ曲がらせてほしい」は、関係を完全に壊すのではなく、柔軟に変化させたいという願いを表しています。変化や成長を恐れずに、うまく対応できるかどうかを尋ねているんだよ。🌈



Do you know how to bend?
曲げられるってわかってる?

 


[Chorus]



I could eat that girl for lunch
あの子のことが本当に食べたくてたまらないの


She dances on my tongue
あの子があたしの舌の上で踊っているみたい


I know it's just a hunch
これが単なる勘違いかもしれないけど


But she might be the one
あの子こそがあたしの全てだと思うの






 


[Outro]



I could
あたし、


Eat that girl for lunch
あの子のことが本当に食べたくてたまらないの


Yeah, she
あぁ、あの子のことを


Tastes like she might be the one
きっとあの子はあたしにとって唯一無二の存在なのかもしれない


I could
あたし、


I could
あたし、


Eat that girl for lunch
あの子のことが本当に食べたくてたまらないの


Yeah, she
あぁ、あの子のことを


Yeah, she
あぁ、あの子のことを


Tastes like she might be the one
きっとあの子はあたしにとって唯一無二の存在なのかもしれない


この曲の収録アルバム

 

song-lyrics.net

 

LUNCH
ランチ
Billie Eilish
ビリー・アイリッシュ
の歌詞の意味と解説

Billie Eilishの新曲「LUNCH」が話題! 💕

Billie Eilishの最新曲「LUNCH」は、強烈な恋愛感情を歌ったナンバーです

歌詞全体のテーマ・伝えたいメッセージは、相手への強い欲望我慢できないほどの夢中さを表現しているところが特徴的ですね

歌詞のストーリーは、Billieが自分の好きな相手のことを熱く歌っている内容

相手への魅力に取り付かれ、 *お土産 を準備したり待ち合わせをしたりと、その想いが高まっていくのがわかります

若い世代を中心に大きな話題を呼んでいる「LUNCH」

ぜひチェックしてみてくださいね! 😊

Billie Eilishの新曲「LUNCH」のスラングと比喩表現をチェック! 🍴

Billieの曲「LUNCH」には、強烈な恋愛感情を表すユニークな表現がたくさん登場します

その中でもとくに印象的だったのは以下の通りです

スラングと比喩表現:
  1. I could eat that girl for lunch」: 相手への強烈な欲望を食欲に例えている比喩表現

    相手に夢中になり、我慢できないほど欲しがっている様子を表しています

  2. she dances on my tongue」: 相手の魅力に 夢中になっている様子を表現した比喩表現

    相手の存在がまるで自分の舌の上で躍っているかのようだと感じている様子がわかります

  3. It's a craving, not a crush, huh」: 単なる好意ではなく、強い欲求に駆られている状態を表現したスラング

    単なる恋心ではなく、より深い欲求に突き動かされているのがわかります

  4. bring that over here」: 相手に接近したいという切実な気持ちを表現したスラング

    相手をもっと自分に近づけたいという強い願望が感じられます

  5. she's the headlights, I'm the deer」: 相手の存在に圧倒されている自分の立場を表現した比喩表現

    相手の存在が自分を圧倒するように強烈に光るものだと感じているのがわかります

Billieのユニークな感情表現に注目しながら、「LUNCH」を聴いてみてくださいね! 😍

Billie Eilishの新曲「LUNCH」が話題! 💕

Billie Eilishは2001年生まれの若手シンガーソングライターです

2019年にリリースしたデビューアルバム「WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?」でグラミー賞4部門を受賞し、一気に世界的な人気アーティストになりました

そんな彼女の最新曲が「LUNCH」

強烈な恋愛感情を描いた歌詞が 話題を呼んでいます

「LUNCH」は、Billieの代表曲の1つとなる可能性が高い作品

彼女のダークでユニークな世界観がさらに磨き上げられた印象ですね

若い世代を中心に、今後も大きな注目を集めそうです! 👀

この曲の画像

<和訳> LUNCH - Billie Eilish:ビリー・アイリッシュ (ランチ)

<和訳> LUNCH - Billie Eilish:ビリー・アイリッシュ (ランチ)
他の記事を検索する