歌詞和訳るび.com

歌詞和訳るび.com - K-POPと洋楽の歌詞を日本語に翻訳し、かなルビ付きで提供。3500曲以上の豊富なラインナップで、新曲も速報で更新。アニメやテレビ主題歌、カラオケの人気曲など、幅広いジャンルの歌詞を網羅

記事内のYoutubeの下にあるボタンをタップすると
画面上部に固定表示できます。
できない場合は別ブラウザで試してみてください。
また、当サイトはリンクフリーです。

16 CARRIAGES - Beyoncé:ビヨンセ【歌詞和訳】

 

歌詞和訳の部分は以下の順番で記載しています。

かなルビ
歌詞
和訳、意味など

16 CARRIAGES
16・キャリア
Beyoncé
ビヨンセ
のかなルビと歌詞和訳


 


[Chorus]



Sixteen carriages drivin' away
16両の馬車が遠ざかってく


While I watch them ride with my dreams away
夢と共に去っていくのを見てる


To the summer sunset on a holy night
聖なる夜の夏の夕日に向かって


On a long back road, all the tears I fight
長い裏道で、涙と戦ってる


Sixteen carriages drivin' away
16両の馬車が遠ざかってく


While I watch them ride with my dreams away
夢と共に去っていくのを見てる


To the summer sunset on a holy night
聖なる夜の夏の夕日に向かって


On a long back road, all the tears I fight
長い裏道で、涙と戦ってる






 


[Verse 1]



At fifteen, the innocence was gone astray
15の時、純真は道を踏み外した


Had to leave my home at an early age
早い年で家を出なきゃならなかった


I saw Mama prayin', I saw Daddy grind
ママが祈るのを見た、パパが働くのを見た


All my tender problems, had to leave behind
優しい悩み全部、置いてきた






 


[Pre-Chorus]



It's been umpteen summers, and I'm not in my bed
何十回もの夏を過ごし、ベッドにはいない


On the back of the bus and a bunk with the band
バスの後ろで、バンドと一緒に寝台で


Goin' so hard, gotta choose myself
めちゃくちゃ頑張って、自分を選ばなきゃ


Underpaid and overwhelmed
給料は安いけど、圧倒されてる


I might cook, clean, but still won't fold
料理も掃除もするけど、決して折れない


Still workin' on my life, you know
まだ人生を作ってるんだ、知ってるでしょ


Only God knows, only God knows
神様だけが知ってる、神様だけが


Only God knows
神様だけが知ってる






 


[Chorus]



Sixteen carriages drivin' away
16両の馬車が遠ざかってく


While I watch them ride with my fears away
夢と共に去っていくのを見てる


To the summer sunset on a holy night
聖なる夜の夏の夕日に向かって


On a long back road, all the tears I fight
長い裏道で、涙と戦ってる


Sixteen carriages drivin' away
16両の馬車が遠ざかってく


While I watch them ride with my fears away
夢と共に去っていくのを見てる


To the summer sunset on a holy night
聖なる夜の夏の夕日に向かって


On a long back road, all the tears I fight
長い裏道で、涙と戦ってる






 


[Verse 2]



Sixteen dollars, workin' all day
16ドルで、一日中働いてる


Ain't got time to waste, I got art to make
時間の無駄はできない、アートを作らなきゃ


I got love to create on this holy night
この聖なる夜に愛を創造するんだ


They won't dim my light, all these years I fight
これまでの年月、光は消させない






 


[Pre-Chorus]



It's been thirty-eight summers, and I'm not in my bed
38回もの夏を過ごし、ベッドにはいない


On the back of the bus and a bunk with the band
バスの後ろで、バンドと一緒に寝台で


Goin' so hard, now I miss my kids
めちゃくちゃ頑張って、今は子供たちが恋しい


Overworked and overwhelmed
働き過ぎで、圧倒されてる


I might cook, clean, but still won't fold
料理も掃除もするけど、決して折れない


Still workin' on my life, you know
まだ人生を作ってるんだ、知ってるでしょ


Only God knows, only God knows
神様だけが知ってる、神様だけが


Only God knows
神様だけが知ってる






 


[Chorus]



Sixteen carriages driving away
16両の馬車が遠ざかってく


While I watch them ride with my fears away
夢と共に去っていくのを見てる


To the summer sunset on a holy night
聖なる夜の夏の夕日に向かって


On a long back road, all the tears I fight
長い裏道で、涙と戦ってる


Sixteen carriages driving away
16両の馬車が遠ざかってく


While I watch them ride with my fears away
夢と共に去っていくのを見てる


To the summer sunset on a holy night
聖なる夜の夏の夕日に向かって


On a long back road, all these tears I fight
長い裏道で、涙と戦ってる






 


[Interlude]



Oh, oh
オー、オー


Oh
オー






 


[Bridge]



At fifteen, the innocence was gone astray
15の時、純真は道を踏み外した


Had to take care of home at an early age
早い年で家の世話をしなきゃならなかった


I saw Mama cryin', I saw Daddy lyin'
ママが泣いてるのを見た、パパが嘘をついてるのを見た


Had to sacrifice and leave my fears behind
恐れを捨てて犠牲にしなきゃならなかった


The legacy, if it's the last thing I do
遺産は、最後のこととしても


You'll remember me 'cause we got somethin' to prove
あなたはあたしを覚えているでしょう、何かを証明するために


In your memory, on a highway to truth
あなたの記憶に、真実へのハイウェイで


Still see your faces when you close your eyes
目を閉じた時も、あなたの顔が見える






 


[Outro]



Sixteen carriages drivin' away
16両の馬車が遠ざかってく


While I watch them ride with my dreams away
夢と共に去っていくのを見てる


更新通知登録

X(旧:Twitter)で更新を確認できます

16 CARRIAGES
16・キャリア
Beyoncé
ビヨンセ
の歌詞の意味と解説

Beyoncéの「16 Carriages」に込められたストーリーとは?

ビヨンセの新曲「16 Carriages」は、彼女のキャリアと個人的な成長を反映した力強い歌詞で注目を集めています。

この曲は、彼女の最新アルバムに収録され、スーパーボウルでの発表と同時にリリースされました。

 

アーティストの人物像とキャリア

ビヨンセは、Destiny's Childのリードシンガーとして1990年代後半に名声を得た後、ソロアーティストとしても大成功を収めています。

彼女のヒットアルバムには、「Dangerously in Love」、「B'Day」、「I Am... Sasha Fierce」、「4」、「Beyoncé」、「Lemonade」があります。

これらの作品は、彼女の音楽的才能だけでなく、社会への影響力も証明しています。

 

歌詞の背後にある文化的背景

「16 Carriages」の歌詞は、ビヨンセのルーツと彼女が直面した挑戦を掘り下げています。

彼女は自身の過去を振り返り、若い頃に経験した困難や、家族との関係、そして自己発見の旅を歌っています。

 

アーティストの意図と感情

ビヨンセはこの曲を通じて、自分自身と向き合い、過去の自分を受け入れることの重要性を表現しています。

彼女の歌詞は、苦労と成功の間での葛藤と、それを乗り越えた後の成長を感じさせます。

 

歌詞のストーリー

「16 Carriages」では、ビヨンセは15歳での純真さの喪失、家を出る決断、そして家族のサポートの下での自己発見の旅を描いています。

彼女は、自分の遺産を築くために犠牲を払い、真実を追求する姿勢を歌詞に込めています。

 

この曲は、ビヨンセがこれまでに築き上げてきたレガシーと、彼女がこれからも追求し続けるであろうアーティストとしての真実を象徴しています。

読者の皆さんも、彼女の歌詞を通じて、ビヨンセの深い感情とストーリーを感じ取っていただければ幸いです。

 

この曲の画像

16 CARRIAGES - Beyoncé:ビヨンセ【歌詞和訳】

16 CARRIAGES - Beyoncé:ビヨンセ【歌詞和訳】

他の記事を検索する

プライバシーポリシー / 運営者情報 / お問い合わせ