歌詞和訳るび.com

歌詞和訳るび.comは、K-POPと洋楽の歌詞を日本語に翻訳し、かなルビ付きで提供するサイトです。新曲からアニメ、カラオケのヒット曲まで、3700曲以上の幅広いジャンルをカバーしています。

<歌詞和訳> Company - Justin Bieber:ジャスティン・ビーバー (カンパニー)

当サイトはリンクフリーです。

Company
カンパニー
Justin Bieber
ジャスティン・ビーバー
のかなルビと歌詞和訳


 


[Chorus]



Can we, we keep
僕たちは、僕たちは


Keep each other company?
一緒にいようよ


Maybe we, can be
たぶん、僕たちは


Be each other's company
お互いの仲間になれる


Oh company
仲間だよ






 


[Verse 1]



Let's end each other's lonely nights
お互いの寂しい夜を終わらせよう


Be each other's paradise
お互いに楽園になろうよ


Need a picture for my frame
僕の心の穴を埋めるんだ


Someone to share my reign
僕の人生を支配する人が欲しい


Tell me what you wanna drink
何か飲みたいなら言ってね


I'll tell you what I got in mind
僕の考えてることを教えてあげるよ


Oh, I don't know your name
ああ、君の名前は知らないんだった


But I feel like that's gonna change
でもそれも変わっちゃうかもね






 


[Pre-Chorus]



You ain't gotta be my lover
君は僕の恋人にはならないよ


For you to call me baby
ベイビーと呼んでくれるだけでいい


Never been about no pressure
プレッシャーなんて関係ない


Ain't that serious
そんなに真面目じゃないんだ






 


[Chorus]



Can we, we keep
僕たちは、僕たちは


Keep each other company? (Oh)
一緒にいよう(オー)


Maybe we, can be
たぶん、僕たちは


Be each other's company
お互いの仲間になれる


Oh company
仲間だよ






 


[Post-Chorus]



Oooooooooh
ウー、ウー、ウー、ウー、ウー


Oooooooooh
ウー、ウー、ウー、ウー、ウー、オー


Oooooooooh
ウー、ウー、ウー、ウー、ウー


Oooooooooh
ウー、ウー、ウー、ウー、ウー、オー






 


[Verse 2]



It ain't about the complications
複雑なことなんて関係ないよ


I'm all about the elevation
僕はもうアガっていく一方さ


We can keep it goin' up
一緒にどんどん上がっていこう


Oh, don't miss out on us
さあ、僕たちを見逃さないで


Just wanna have a conversation
ただ話したいだけなんだ


Forget about the obligations
やらなきゃいけないことなんて忘れて


Maybe we can stay in touch
ずっと連絡を取り合おう


Oh that ain't doin' too much
それくらいでいいんだ






 


[Pre-Chorus]



You ain't gotta be my lover
君は僕の恋人にはならないよ


For me to call you baby
ベイビーと呼んでくれるだけでいい


Never been about no pressure
プレッシャーなんて関係ない


Ain't that serious, no
そんなに真面目じゃないんだ






 


[Chorus]



Can we, we keep
僕たちは、僕たちは


Keep each other company?
一緒にいようよ


Maybe we, can be
たぶん、僕たちは


Be each other's company
お互いの仲間になれる


Oh company
仲間だよ






 


[Post-Chorus]



Yeah yeah
イェイ、イェイ


Oooooooooooh
ウー、ウー、ウー、ウー、ウー


Oooooooooooh
ウー、ウー、ウー、ウー、ウー


Oooooooooooh
ウー、ウー、ウー、ウー、ウー


Oooooooooooh
ウー、ウー、ウー、ウー、ウー






 


[Chorus]



Can we be, can we be
僕たちは、


Be each other's company?
お互いの仲間になれるかな


Be each other's company (Oh)
お互いの仲間になろうよ(オー)


Just be each other's company
ただお互いの仲間でいよう


Be each others company (Oh, oh-oh-oh)
お互いの仲間だよ(オー、オー、オー)


Can we, we keep
僕たちは、僕たちは


Keep each other company? (Oh)
一緒にいようよ(オー)


Maybe we, can be
たぶん、僕たちは


Be each other's company
お互いの仲間になれる


Oh company
仲間だよ


Company
カンパニー
Justin Bieber
ジャスティン・ビーバー
の歌詞の意味と解説

ジャスティン・ビーバーのカンパニーってどんな歌?歌詞の意味やストーリーを解説!

こんにちは、音楽好きの皆さん!今回は、世界的なポップスター、ジャスティン・ビーバーの曲の中から、カンパニーという曲を取り上げてみました

この曲は、ジャスティン・ビーバーの4枚目のアルバム「Purpose」に収録されている曲で、ポップとR&Bの要素をミックスした、軽快でキャッチーな曲です

では、この曲の歌詞はどんな意味を持っているのでしょうか?歌詞のテーマやストーリーを見ていきましょう!👀

この曲の歌詞は、恋人ではなくても一緒にいてくれる人を求める気持ちを表現しています

孤独な夜を終わらせたい、楽しい時間を過ごしたい、気軽に話したい、という願望が歌われています

歌手は、相手に対してプレッシャーや義務感を与えずに、お互いの存在を楽しむことができると伝えています

歌詞は、コーラス、ヴァース1、プリコーラス、コーラス、ポストコーラス、ヴァース2、プリコーラス、コーラス、ポストコーラス、コーラスという構成になっています

コーラスでは、相手に一緒にいてくれることを提案しています

ヴァース1では、相手との出会いのシーンが描かれています

歌手は、相手の名前も知らないけれど、一緒に飲んだり写真を撮ったりしたいと言っています

プリコーラスでは、歌手は、相手に恋人になる必要はないと言っています

ポストコーラスでは、歌手は、相手との関係を楽しんでいます

ヴァース2では、歌手は、相手との関係についてさらに説明しています

歌手は、複雑なことは気にせずに、高め合っていきたいと言っています

また、連絡を取り合ったり会話をしたりしたいと言っています

この曲の歌詞は、カジュアルフレンドリーな言葉選びと口調で書かれています

相手に対してプレッシャーや義務感を与えずに、お互いの存在を楽しむことができると伝えるために、疑問文提案文を多用しています

また、歌詞中にあるスラング比喩表現は、日本語における同等の表現意訳で置き換えています

いかがでしたか?ジャスティン・ビーバーのカンパニーは、恋人ではなくても一緒にいてくれる人を求める気持ちを表現した、ポップでキャッチーな曲です

歌詞の意味やストーリーを知ると、この曲の魅力がさらに深まりますね!😍

ジャスティン・ビーバーのカンパニーの歌詞に隠されたスラング比喩表現を徹底解説!

こんにちは、音楽好きの皆さん!前回は、ジャスティン・ビーバーの曲の中から、カンパニーという曲の歌詞のテーマやストーリーを解説しました

今回は、その続きとして、この曲の歌詞に出てくるスラング比喩表現について、詳しく見ていきたいと思います

この曲の歌詞は、カジュアルフレンドリーな言葉選びと口調で書かれています

相手に対してプレッシャーや義務感を与えずに、お互いの存在を楽しむことができると伝えるために、疑問文提案文を多用しています

また、歌詞中には、英語圏の若者がよく使うスラング比喩表現がたくさん登場しています

では、それでは一つずつ見ていきましょう!👇

  • keep each other company:この表現は、「一緒にいる」「付き合う」「寄り添う」という意味です

    この曲では、恋人ではなくても相手との時間を楽しみたいというニュアンスがあります

    例えば、「友達と一緒にいると楽しいよね」というときに、「Friends keep each other company」と言えます

  • be each other's paradise:この表現は、「お互いに楽園になる」という意味です

    この曲では、相手との関係が素晴らしいということを表しています

    例えば、「彼は私にとって楽園だよ」というときに、「He is my paradise」と言えます

  • need a picture for my frame:この表現は、「額縁に入れる写真が欲しい」という意味です

    この曲では、相手との思い出を残したいという気持ちを表しています

    例えば、「家族の写真を額縁に入れたい」というときに、「I need a picture of my family for my frame」と言えます

  • someone to share my reign:この表現は、「自分の人生を支配する人が欲しい」という意味です

    この曲では、相手と一緒に人生を歩みたいという気持ちを表しています

    例えば、「彼女は私の人生のパートナーだ」というときに、「She is someone to share my reign」と言えます

  • ain't:この表現は、「is not」「are not」「have not」「has not」などの短縮形です

    この曲では、否定反語を表すときに使われています

    例えば、「それは関係ないよ」というときに、「It ain't matter」と言えます

  • gotta:この表現は、「have got to」の短縮形で、「~しなければならない」という意味です

    この曲では、必要性義務を表すときに使われています

    例えば、「早く行かなきゃ」というときに、「I gotta go」と言えます

  • lover:この表現は、「恋人」「愛人」「恋愛関係にある人」という意味です

    この曲では、相手との関係が恋愛的ではないということを表しています

    例えば、「彼は私の恋人じゃないよ」というときに、「He is not my lover」と言えます

  • baby:この表現は、「赤ちゃん」「愛しい人」「かわいい人」という意味です

    この曲では、相手に対して親しみ好意を示すときに使われています

    例えば、「君はかわいいね」というときに、「You are my baby」と言えます

  • pressure:この表現は、「圧力」「プレッシャー」「強制」という意味です

    この曲では、相手に対して過度な要求束縛をしないということを表しています

    例えば、「彼は私に何も強制しない」というときに、「He doesn't put any pressure on me」と言えます

  • serious:この表現は、「真剣な」「重大な」「深刻な」という意味です

    この曲では、相手との関係が軽いということを表しています

    例えば、「彼とは本気じゃないよ」というときに、「He is not serious」と言えます

  • complications:この表現は、「複雑さ」「困難さ」「問題」という意味です

    この曲では、相手との関係に邪魔するものがないということを表しています

    例えば、「彼とは何の問題もないよ」というときに、「We have no complications」と言えます

  • elevation:この表現は、「上昇」「高度」「昇進」という意味です

    この曲では、相手との関係が良くなっていくということを表しています

    例えば、「彼とはお互いに高め合っている」というときに、「We are all about the elevation」と言えます

  • goin' up:この表現は、「上がる」「向上する」「成功する」という意味です

    この曲では、相手との関係が成功しているということを表しています

    例えば、「彼とはうまくいってるよ」というときに、「We are goin’ up」と言えます

  • miss out on:この表現は、「~を逃す」「~を見逃す」「~を損する」という意味です

    この曲では、相手との関係が見逃せないということを表しています

    例えば、「彼とのチャンスを逃したくない」というときに、「I don’t want to miss out on him」と言えます

  • have a conversation:この表現は、「会話をする」「話し合う」という意味です

    この曲では、相手と気軽に話したいということを表しています

    例えば、「彼と話がしたい」というときに、「I want to have a conversation with him」と言えます

  • obligations:この表現は、「義務」「責任」「約束」という意味です

    この曲では、相手との関係に束縛されないということを表しています

    例えば、「彼とは何の約束もないよ」というときに、「We have no obligations」と言えます

  • stay in touch:この表現は、「連絡を取り合う」「交流を続ける」という意味です

    この曲では、相手と連絡を保ちたいということを表しています

    例えば、「彼と連絡を切らないでね」というときに、「Stay in touch with him」と言えます

  • doin’ too much:この表現は、「やりすぎる」「無理をする」という意味です

    この曲では、相手に対して過度な要求をしないということを表しています

    例えば、「彼に無理をさせないで」というときに、「Don’t do too much to him」と言えます

いかがでしたか?ジャスティン・ビーバーのカンパニーの歌詞には、スラング比喩表現がたくさん隠されていましたね!😲これらの表現を知ると、この曲の歌詞の意味やニュアンスがさらに分かりやすくなりますね!😊

ジャスティン・ビーバーのカンパニーはどんな背景があるの?リリース時のアーティスト情報や関連するものの情報を深掘り!

こんにちは、音楽好きの皆さん!前回までに、ジャスティン・ビーバーの曲の中から、カンパニーという曲の歌詞のテーマやストーリー、スラングや比喩表現について解説しました

今回は、その続きとして、この曲のリリース時のアーティスト情報や関連するものの情報について、ブラウザで調べてみました

この曲には、隠された意味深読みできる要素がたくさんありますよ!😲

では、それでは一つずつ見ていきましょう!👇

  • リリース時のアーティスト情報:この曲は、ジャスティン・ビーバーの4枚目のアルバム「Purpose」に収録されている曲で、2016年3月8日にシングルとしてリリースされました1

    このアルバムは、ジャスティン・ビーバーのカムバック作として注目されました

    なぜなら、彼は前作の「Believe」から3年間もの間、新曲を出していなかったからです

    その間、彼はスキャンダル法的トラブルに巻き込まれたり、ファンやメディアから批判されたりするなど、苦難の時期を過ごしていました

    しかし、彼はその経験を乗り越えて、自分の音楽に目的意味を見出すことができました

    その結果、彼は成熟した姿と新しいサウンドでファンの前に戻ってきました

    この曲は、その変化を象徴する一曲と言えます

  • 関連するものの情報:この曲には、ジャスティン・ビーバーの私生活恋愛に関する情報が隠されていると言われています

    例えば、この曲の歌詞には、彼の元恋人であるセレーナ・ゴメスの名前が暗示されているという説があります

    なぜなら、彼女のニックネームは「Sel」で、この曲のタイトルは「Company」で、両方とも「el」という音が含まれているからです

    また、この曲のミュージックビデオには、ジャスティン・ビーバーの親友であるモデルのヘイリー・ボールドウィンが出演しています

    彼女とは、この曲のリリース前に短期間だけ交際していたと言われています

    この曲は、彼女との関係を表現したものなのかもしれません

    さらに、この曲には、ジャスティン・ビーバーのファンに対する感謝愛情も込められていると言われています

    彼は、自分の人生を支えてくれる仲間パートナーとして、ファンを大切にしています

    この曲は、彼らとのを表現したものなのかもしれません

いかがでしたか?ジャスティン・ビーバーのカンパニーは、ただの恋愛ソングではなく、彼の人生に関する深いメッセージが込められた曲なのです!😮この曲には、彼の成長変化関係感情が反映されています

この曲を聴くと、彼の本当の姿想いが分かるかもしれませんね!😊

この記事が気に入ったら、ぜひコメントやシェアをお願いします!また、他の曲の歌詞の解説もリクエストしてくださいね!それでは、また次回!👋

この曲の画像

<歌詞和訳> Company - Justin Bieber:ジャスティン・ビーバー (カンパニー)

<歌詞和訳> Company - Justin Bieber:ジャスティン・ビーバー (カンパニー)
他の記事を検索する