歌詞和訳るび.com

歌詞和訳るび.comは、K-POPと洋楽の歌詞を日本語に翻訳し、かなルビ付きで提供するサイトです。新曲からアニメ、カラオケのヒット曲まで、3700曲以上の幅広いジャンルをカバーしています。

Legendary:レジェンダリー - Bon Jovi:ボン・ジョビ【歌詞和訳】

当サイトはリンクフリーです。

 

YouTube

歌詞和訳の部分は以下の順番で記載しています。

かなルビ
歌詞
和訳、意味など

Legendary
レジェンダリー
Bon Jovi
ボン・ジョビ
のかなルビと歌詞和訳


 


[Intro]



(Oh, oh, oh, oh)
(おー、おー、おー、おー)






 


[Verse 1]



Who are you and who am I
キミはどなた?僕は誰?


To think that we could ever fly?
空を飛べたらいいと思うけど、それは夢のまた夢。


It don't pay to even try
試すだけ無駄だから、


Work, get paid, and just get by
働いて、お金を稼いで、生活していくんだ。


Sons of sons, bricks on bricks
子供の子供たちも、積み上げたレンガも、


What's broken you don't try to fix
壊れたものはそのままで、直そうとはしない。


'Round here, there ain't no whys and ifs
ここでは、「もしも」はただの言葉、


You don't pick up what you can't lift
持ち上げられない重さのものには、手を出さないよ。






 


[Pre-Chorus]



I raise my hands up to the sky
空を見上げて両手を広げたら、それだけで心が満たされるんだ。


Don't need more to tell me I'm alive
他に何も要らない、ただそれだけで、僕は生きているって感じられるか






 


[Chorus]



Got what I want 'cause I got what I need
手に入れたいものはもう手に入れたんだ、必要なものはすでにここにある。


Got a fistful of friends that'll stand up for me
いつも僕のそばで支えてくれる友だちがいるんだ。


Right where I am is where I wanna be
今いるこの場所、これがまさに僕が求めていた場所。


Friday night comes around like a song
金曜日の夜が来ると、まるでメロディーのように心地よい。


"Sweet Caroline," and we all sing along
「スウィート・キャロライン」を一緒に歌うとき、みんなが一つになる。


Got my brown-eyed girl, and she believes in me
僕の茶色い目をした彼女がいて、彼女はいつも僕のことを信じてくれる。


Legendary
これぞまさに、伝説のような人生だ。






 


[Verse 2]



I know this town like the back of my hand
この街のことなら何でも知ってる、まるで自分の手のひらを見るように。


Every crack in the sidewalk tells me who I am
歩道の一つ一つの亀裂が、僕の過去とアイデンティティを映し出している。


"Live and you love" is the law of the land
ここでは「生きることと愛すること」がすべて。


These are our dreams, that's where we stand
僕たちの夢がここにある、僕たちが本当に属する場所。






 


[Pre-Chorus]



Raise my hands up to the sky
空を見上げて両手を広げたら、それだけで心が満たされるんだ。


Don't need more to tell me I'm alive
他に何も要らない、ただそれだけで、僕は生きているって感じられるか






 


[Chorus]



Got what I want 'cause I got what I need
手に入れたいものはもう手に入れたんだ、必要なものはすでにここにある。


Got a fistful of friends that'll stand up for me
いつも僕のそばで支えてくれる友だちがいるんだ。


Right where I am is where I wanna be
今いるこの場所、これがまさに僕が求めていた場所。


Friday night comes around like a song
金曜日の夜が来ると、まるでメロディーのように心地よい。


"Sweet Caroline," and we all sing along
「スウィート・キャロライン」を一緒に歌うとき、みんなが一つになる。


Got my brown-eyed girl, and she believes in me
僕の茶色い目をした彼女がいて、彼女はいつも僕のことを信じてくれる。


Legendary
これぞまさに、伝説のような人生だ。






 


[Post-Chorus]



(Oh, oh, oh, oh)
(おー、おー、おー、おー)






 


[Bridge]



Who are you and who am I
キミはどなた?僕は誰?


To think that we could ever fly?
空を飛べたらいいと思うけど、それは夢のまた夢。






 


[Chorus]



Got what I want 'cause I got what I need
手に入れたいものはもう手に入れたんだ、必要なものはすでにここにある。


Got a fistful of friends that'll stand up for me
いつも僕のそばで支えてくれる友だちがいるんだ。


Right where I am is where I wanna be
今いるこの場所、これがまさに僕が求めていた場所。


Friday night comes around like a song
金曜日の夜が来ると、まるでメロディーのように心地よい。


"Sweet Caroline," and we all sing along
「スウィート・キャロライン」を一緒に歌うとき、みんなが一つになる。


Got my brown-eyed girl, and she believes in me
僕の茶色い目をした彼女がいて、彼女はいつも僕のことを信じてくれる。


Legendary
これぞまさに、伝説のような人生だ。






 


[Post-Chorus]



(Oh, oh, oh, oh)
(おー、おー、おー、おー)


Legendary
これぞまさに、伝説のような人生だ。


(Oh, oh, oh, oh)
(おー、おー、おー、おー)


更新通知登録

X(旧:Twitter)で更新を確認できます

Legendary
レジェンダリー
Bon Jovi
ボン・ジョビ
の歌詞の意味と解説

ボン・ジョビの「レジェンダリー」:日常の中の伝説を見つける

ボン・ジョビの新曲「レジェンダリー」は、私たちの日常生活の中にある小さな勝利や喜びを見つけ、それらを祝うことの大切さを歌っています

 

日常生活の中にある小さな勝利や喜び

日常生活の中にある小さな勝利や喜び




この曲は、自分自身を信じ、今この瞬間に生きることの美しさを表現しています

歌詞の中では、金曜日の夜に友達と集まり、「Sweet Caroline」を歌いながら過ごすシンプルながらも幸せな時間が描かれています

また、愛する人が自分を信じてくれることの価値も歌われており、これらの瞬間こそが人生を伝説的なものにするとメッセージしています

ボン・ジョビは、物質的な成功を追い求めることよりも、人生の基本的な喜びを見つけ、それを大切にすることの重要性を伝えています

彼らの音楽は、私たち一人一人が日々の生活の中で伝説を作り出すことができるという希望を与えてくれます

この曲を通じて、ボン・ジョビはリスナーに対し、自分たちの夢を大切にし、それに立ち向かう勇気を持つよう呼びかけています

ボン・ジョビの歌詞に隠された意味:「レジェンダリー」のスラングと比喩表現

ボン・ジョビの曲「レジェンダリー」には、日常会話でよく使われるスラングや比喩表現がいくつか含まれています

これらの表現は、直訳すると一見すると普通の言葉に過ぎませんが、歌詞の中で使われるときには特別な意味を持ちます

例えば、「Got a fistful of friends」というフレーズは直訳すると「友達が一握りいる」となりますが、実際には「信頼できる親しい友達がいる」という意味で使われています

また、「Friday night comes around like a song」という表現は、「金曜日の夜が歌のようにやってくる」と直訳されますが、ここでは「金曜日の夜が楽しみで待ち遠しい」という感情を表しています

「Sweet Caroline」という言葉は、ニール・ダイアモンドの有名な歌のタイトルですが、この歌詞では「共に楽しい時間を過ごす」という意味で使われています

そして、「Got my brown-eyed girl」というフレーズは、「私の茶色い目をした女の子がいる」と直訳されますが、実際には「愛する人がそばにいる」という意味です

最後に、「Legendary」という言葉は、「伝説的な」と直訳されますが、この曲では「素晴らしい」とか「忘れられない」という意味で使われており、自分の人生を最大限に生きることの喜びを表現しています

これらのスラングや比喩表現は、歌詞を通じて、人生の小さな瞬間や日々の経験がいかに価値があるかを伝えるために使われています

ボン・ジョビは、これらの表現を使って、リスナーに対して、日常の中で伝説を見つけ、それを大切にするよう呼びかけています

ボン・ジョビ「レジェンダリー」の考察:歌詞とアーティストの旅路

ボン・ジョビの新曲「レジェンダリー」は、2024年3月14日にリリースされた楽曲で、彼らの新しいアルバム「Forever」の先行シングルとして発表されました

この曲は、ジョン・ボン・ジョビが重要な声帯手術を乗り越えた後の復帰作としても注目されています

彼は手術による強制的な休息を経て、人生を再評価する機会を得たと語っています[^1^][1][^2^][2]

「レジェンダリー」は、ボン・ジョビの音楽キャリアの新たな章を象徴しており、彼らの音楽への情熱と生き方への姿勢が反映されています

歌詞には、ニール・ダイアモンドの「Sweet Caroline」やヴァン・モリソンの「Brown Eyed Girl」への言及があり、これらのクラシックロックへのオマージュは、ジョン・ボン・ジョビ自身の妻へのトリビュートでもあります[^1^][1]

この曲がリリースされた時期は、ボン・ジョビのドキュメンタリー「Thank You, Goodnight: The Bon Jovi Story」の公開直前であり、彼の声帯問題とその克服に焦点を当てた内容となっています

このタイミングでの新曲リリースは、アーティストとしての再生と、個人的な試練を乗り越えたことの宣言のようにも感じられます

「レジェンダリー」の歌詞は、単なるポップソング以上の意味を持ち合わせており、ジョン・ボン・ジョビの個人的な成長、家族への愛、そして音楽への新たなアプローチを示していると考えられます

この曲は、彼の音楽的な復活だけでなく、人生の新しい楽しみ方を見つけたアーティストの表現と言えるでしょう

最後に、これはあくまで個人的な見解であり、歌詞の解釈はリスナーによって異なることを留意してください

この曲の画像

Legendary:レジェンダリー - Bon Jovi:ボン・ジョビ【歌詞和訳】

Legendary:レジェンダリー - Bon Jovi:ボン・ジョビ【歌詞和訳】

他の記事を検索する

プライバシーポリシー / 運営者情報 / お問い合わせ