歌詞和訳るび.com

歌詞和訳るび.comは、K-POPと洋楽の歌詞を日本語に翻訳し、かなルビ付きで提供するサイトです。新曲からアニメ、カラオケのヒット曲まで、3700曲以上の幅広いジャンルをカバーしています。

One Of The Girls - The Weeknd, JENNIE(BlackPink)【歌詞和訳】

当サイトはリンクフリーです。

 

YouTube

歌詞和訳の部分は以下の順番で記載しています。

かなルビ
歌詞
和訳、意味など

One Of The Girls
ワン・オブ・ザ・ガールズ
The Weeknd, JENNIE(BlackPink)
ザ・ウィークエンド, ジェニー(ブラックピンク)
のかなルビと歌詞和訳


 


[Intro: JENNIE]



Lock me up and throw away the key
あの人に閉じ込められて、鍵はどこかに捨てられてしまったんだ


He knows how to get the best out of me
あの人はあたしから最高のものを引き出す方法を知ってるの


I'm no force for the world to see
でもね、あたし、世界が見るべきようなインパクトは持ってないの


Trade my whole life just to be
だから、あの人のために生きることに、あたしの生の全てを捧げるの






 


[Verse 1: The Weeknd]



Tell nobody I control you
誰にも言わないでね、僕が君をコントロールしていることを


I broke you just to own you
君を少し壊して、君を手に入れるんだ


They can't tell but I love you
他の人たちは気づかないけど、でも僕は君のことを愛しているんだよ


'Cause you're loyal, baby
君が僕に忠実だからさ、ベイビー


I love when you're submissive
君が僕に従うのが好きさ


You love it when I break skin
君が僕が少し荒っぽくなるのを受け入れてくれるのが好きさ


You feel pain without flinchin'
君は痛みを感じても、平気な顔をしている


So say it
だから、思い切って言ってみてよ






 


[Pre-Chorus: Lily-Rose Depp]



Give me tough love
ハードな愛をちょうだい


Leave me with nothin' when I come down
あたしがブルーなときは、何も残さないで


My kind of love
そういうのがあたしの好きな愛なんだ


Force me and choke me 'til I pass out
あたしに強く愛を求めて、息が止まるくらいに抱きしめてね






 


[Chorus: Lily-Rose Depp]



We don't gotta be in love, no
恋人じゃなくてもいいんだよ、ううん


I don't gotta be the one, no
あたしが特別な存在じゃなくても大丈夫


I just wanna be one of your girls tonight
今夜だけでも、あなたの女の子の一人でいたいだけなんだ


We don't gotta be in love, no
恋人じゃなくてもいいんだよ、ううん


I don't gotta be the one, no
あたしが特別な存在じゃなくても大丈夫


I just wanna be one of your girls tonight, oh
今夜だけでも、あなたの女の子の一人でいたいだけなの、ほんとに






 


[Verse 2: Lily-Rose Depp]



Push me down, hold me down
あたしを押し倒して、固く押さえつけて


Spit in my mouth while you turn me out
口に唾を吐きながら、あたしを満足させてね


I wanna take your light inside
あなたの光を自分の中に吸い込みたいんだ


Tear me down, snuff me out
あたしを壊して、完全にあなたのものにして


Hands on my neck while you push it up
首に手を置きながら、ゆっくりと押し上げてね


And I'm screamin' now
そして、あたしは今、叫んでるんだ






 


[Pre-Chorus: The Weeknd]



Give me tough love
ハードな愛をちょうだい


Leave me with nothin' when I come down
あたしがブルーなときは、何も残さないで


My kind of love
そういうのがあたしの好きな愛なんだ


Force me and choke me 'til I pass out
あたしに強く愛を求めて、息が止まるくらいに抱きしめてね






 


[Chorus: The Weeknd & Lily-Rose Depp, The Weeknd, Lily-Rose Depp]



We don't gotta be in love, no
恋人じゃなくてもいいんだよ、ううん


I don't gotta be the one, no
あたしが特別な存在じゃなくても大丈夫


I just wanna be one of your girls tonight (Tonight)
今夜だけでも、あなたの女の子の一人でいたいだけなんだ


We don't gotta be in love, no
恋人じゃなくてもいいんだよ、ううん


I don't gotta be the one, no (Oh)
あたしが特別な存在じゃなくても大丈夫


I just wanna be one of your girls tonight, oh
今夜だけでも、あなたの女の子の一人でいたいだけなの、ほんとに






 


[Bridge: JENNIE]



Lock me up and throw away the key
あの人に閉じ込められて、鍵はどこかに捨てられてしまったんだ


He knows how to get the best out of me
あの人はあたしから最高のものを引き出す方法を知ってるの


I'm no force for the world to see
でもね、あたし、世界が見るべきようなインパクトは持ってないの


Trade my whole life just to be
だから、あの人のために生きることに、あたしの生の全てを捧げるの


Top of the world, but I'm still not free
世界の頂点にいるけど、まだ自由じゃないんだ


This is a secret that I keep
これはあたしだけが守っている秘密さ


Until it's gone, I can never find peace
それが無くなるまで、あたしは心の平和を見つけられないんだ


Waste my whole life just to be
生涯全てを使って、ただ存在するんだよ






 


[Chorus: All, The Weeknd, Lily-Rose Depp & JENNIE]



We don't gotta be in love, no
恋人じゃなくてもいいんだよ、ううん


I don't gotta be the one, no
あたしが特別な存在じゃなくても大丈夫


I just wanna be one of your girls tonight (Tonight)
今夜だけでも、あなたの女の子の一人でいたいだけなんだ


We don't gotta be in love, no
恋人じゃなくてもいいんだよ、ううん


I don't gotta be the one, no (Oh)
あたしが特別な存在じゃなくても大丈夫


I just wanna be one of your girls tonight (Oh), oh
今夜だけでも、あなたの女の子の一人でいたいだけなの、ほんとに


更新通知登録

X(旧:Twitter)で更新を確認できます

One Of The Girls
ワン・オブ・ザ・ガールズ
The Weeknd, JENNIE(BlackPink)
ザ・ウィークエンド, ジェニー(ブラックピンク)
の歌詞の意味と解説

The WeekndとJENNIE(BlackPink):音楽界の異色コラボレーション

The Weeknd(ザ・ウィークエンド)は、カナダ出身のR&Bシンガーで、本名はAbel Makkonen Tesfayeです。

彼の音楽は、Alternative R&Bというジャンルに分類され、ポップやエレクトロニックダンスミュージックの要素も取り入れています。

彼の歌は、性やドラッグについて率直な歌詞が特徴で、独特のファルセットが魅力的です。

 

JENNIE(ジェニー)は、韓国出身のK-POPアーティストで、BlackPinkのメンバーです。

彼女の音楽は、K-POP、ダンスポップ、ヒップホップといったジャンルで活動しており、ソロアーティストとしても成功を収めています。

JENNIEは、ファッションアイコンとしても知られ、多くの若者に影響を与えています。

 

この二人のアーティストがコラボレーションすることで、音楽界に新たな風を吹き込んでいます。

The Weekndの深みのある声とJENNIEのキュートでパワフルなボーカルが融合し、新しい音楽の形を作り出しています。

 

「One Of The Girls」の制作秘話:The WeekndとJENNIEのクリエイティブな融合

「One Of The Girls」は、The WeekndとJENNIE(BlackPink)のコラボレーションによって生まれた楽曲です。

この曲の制作過程は、二人のアーティストがそれぞれの音楽的背景を持ち寄り、新しいサウンドを創造する過程でした。

The Weekndの深みのあるR&BのリズムとJENNIEのキャッチーなK-POPのメロディが組み合わさり、世界中のファンを魅了しています。

 

制作中、二人は文化的な違いを乗り越え、音楽を通じて互いのスタイルを尊重し合うことで、ユニークな化学反応を起こしました。

スタジオでのセッションは、創造性と情熱が溢れる場となり、アーティストたちの真摯なコラボレーションの精神が感じられるものでした。

 

「One Of The Girls」は、恋愛や自己表現のテーマを扱いながらも、リスナーにポジティブなメッセージを伝えることを目指しています。

この曲は、世代を超えて多くの人々に愛されることでしょう。

 

「One Of The Girls」の歌詞の物語:愛と自己発見の旅

「One Of The Girls」は、The WeekndとJENNIE(BlackPink)が共に紡ぎ出した楽曲で、恋愛と自己発見の旅を描いています。

この曲の歌詞は、一人の女性が自分自身と向き合い、自己のアイデンティティを確立していく様子を描いています。

 

歌詞の中で、彼女は恋愛の喜びと苦悩を経験しながら、自分だけの道を見つける勇気を持ちます。

The WeekndとJENNIEの歌声が、彼女の内面の葛藤と成長を表現しており、リスナーに強い共感を呼び起こします。

 

「One Of The Girls」は、ただの恋愛ソングではなく、自分自身を愛し、自分の価値を見出すことの大切さを伝えるメッセージが込められています。

この曲を通じて、多くの人々が自己受容と自己愛の重要性を再認識することでしょう。

 

この曲の画像

One Of The Girls - The Weeknd, JENNIE(BlackPink)【歌詞和訳】

One Of The Girls - The Weeknd, JENNIE(BlackPink)【歌詞和訳】

他の記事を検索する

プライバシーポリシー / 運営者情報 / お問い合わせ