歌詞和訳るび.com

歌詞和訳るび.com - K-POPと洋楽の歌詞を日本語に翻訳し、かなルビ付きで提供。3500曲以上の豊富なラインナップで、新曲も速報で更新。アニメやテレビ主題歌、カラオケの人気曲など、幅広いジャンルの歌詞を網羅



表示されている動画は再生しながら和訳を見れます
できない場合は別ブラウザで試してみてください
また、当サイトはリンクフリーです。

「Bling-Bang-Bang-Born」でCreepy Nutsが示す、自己表現の力と若者文化へのインパクト!

 

Creepy Nutsの新曲「Bling-Bang-Bang-Born」は、彼らの特徴的なエネルギッシュなスタイルと鋭い歌詞で注目を集めています。

 

歌詞の記事は以下で確認できます。

 

song-lyrics.net

 

 

この曲は、アニメ「マッシュル-MASHLE- 神覚者候補選抜試験編」のオープニングテーマとしても使用されており、若者たちの間で大きな話題となっています。

アニメ「マッシュル-MASHLE- 神覚者候補選抜試験編」

アニメ「マッシュル-MASHLE- 神覚者候補選抜試験編」

歌詞の中で繰り返される「Bling-Bang-Bang-Born」というフレーズは、明確な意味を持たず、リズムや音の表現を目的としたオノマトペとして使われています。

このフレーズは、曲の華やかな雰囲気を強調し、リスナーを盛り上げる効果があります。

 

Creepy Nutsは、R-指定とDJ松永の二人組で、彼らの音楽は社会的なメッセージを含みつつも、ユーモアと遊び心に満ちています。

彼らの歌詞は、若者たちの心を捉え、日本の音楽シーンに新たな風を吹き込んでいます。

 

歌詞の全体的なテーマ

Creepy Nutsの曲「Bling-Bang-Bang-Born」は、自分のスタイルを持ち、周囲の期待に縛られずに生きることの重要性を訴えています。歌詞には、自分たちの才能やスキルを誇り、独自性を強調する言葉が散りばめられています。

型にはまらない独自のスタイルを持つことの重要性

型にはまらない独自のスタイルを持つことの重要性

繰り返される「Bling-Bang-Bang-Born」というフレーズは、リスナーに活力と自信を与える効果があります。この曲は、若者たちに自分らしさを大切にし、自信を持って生きることを奨励しています。

[Verse 1]の解説

アニメ「マッシュル-MASHLE-」の主人公マッシュは、魔法を使えないが、肉体的な才能で障害を乗り越える。このバースは、彼の特異な能力と直面する困難を象徴しています。

魔法が使えないにも関わらず、肉体的な才能で障害を乗り越えていく姿

魔法が使えないにも関わらず、肉体的な才能で障害を乗り越えていく姿

「禁忌、禁じ手、明らか盲点」というフレーズは、マッシュが魔法使いの世界で異端な存在であり、独自の視点で問題を解決することを示しています。

「反則、異次元、この世の中のもんでは無いです」という言葉は、マッシュの存在が常識を超え、予測不可能であることを強調しています。

「無理ゲー、それ聞いてないって…」は、どんな困難も乗り越える彼の決意を表しており、彼は自分の信念に従って進むことを示しています。

アニメ「マッシュル-MASHLE- 神覚者候補選抜試験編」

アニメ「マッシュル-MASHLE- 神覚者候補選抜試験編」

「Ay, ライバル口を揃えて」「Wow, ライバル口を揃えて」というフレーズは、マッシュが競争を乗り越え、他の魔法使いたちの意見や反対を力強く克服していく様子を描いています。

「バグで、まぐれ、認めねーゼッテー」という言葉は、彼の成功を疑う声に対し、マッシュが自分の実力を証明する過程を表しています。

「マジで?コレおま…全部生身で?」という驚きの声は、マッシュが魔法を使わずに成し遂げる偉業に対する驚きや疑問を表し、彼の生身の力の凄まじさを強調しています。

[Verse 2]の解説

「実力を発揮し切る前に相手が退く」という表現は、マッシュが圧倒的な実力を持っており、対戦相手が戦いを避けることを意味しています。これにより、彼の優越感が「Very happy」として表現されています。

「あきらかにダントツでピカイチ、脱皮してる毎日」というフレーズは、彼が常に自己改善を続けていることを示しています。また、「Bling, bling, bling」は彼の華やかさや輝きを象徴しています。

「誰の七光も要らない、お前のiceよりicy」という言葉は、他人の助けを借りずに成功を収めていることを強調しており、「ice」は宝石を指し、「icy」はその輝きや冷たさを表しています。

「俺、パッと見出来ない事ばっかりだけど Very happy」という部分は、一見不可能に思えることでも達成することに幸せを感じていることを示しています。

「あ、キレてる…呆れてる周り、恵まれてる家族友達」というフレーズは、周囲が彼の行動に驚いている一方で、彼は家族や友人に恵まれていることを示しています。

「もう反則的立ち位置、皆俺に任せとけば良い」という言葉は、彼が他者に比べて有利な立場にあり、問題は彼に任せておけば解決するという自信を表しています。

「教科書に無い、問題集に無い 超badな呪い Listen」というフレーズは、従来の方法やルールにとらわれない彼の独自のアプローチを示しており、その方法が他者には理解しがたいものであることを示唆しています。

[Verse 3]の解説

「学歴も無い前科も無い余裕で Bling-bling」は、社会的な評価に左右されずに自分らしく輝く様子を示しています。

「この存在自体が文化財な脳味噌 Bling-bling」とは、自身の考えが文化的価値を持つという自負を表しています。

「高級車は買える免許は無い愛車 Green, green」は、物質的な豊かさと自由な精神を持つことを意味しています。

「全国各地揺らす逸品 このベロが Bling-bling」は、自分の言葉が全国に影響力を持っていることを自信を持って述べています。

「バレットなら満タン 関西訛り生身のコトダマ」は、関西訛りが持つ独特の魅力を強調しています。

「音楽、幸運、勝利の女神、今宵も三股 Bang-bang」は、音楽と幸運、勝利を手にする能力を持っているという自信の表れです。

「漫画みたいな輩とまんまで張りあえてしまってる漫画」は、現実が漫画のように劇的であり、自分がその中心にいることを示しています。

「圧倒的チカラこの頭と口から この身体 Tattoo は入って無い このツラに傷もついて無い」とは、言葉や思考の力を重視し、外見よりも内面の強さを表しています。

「繰り返しやらかしてくダメージが イカつい年輪を刻む皺」は、経験から得られる知恵や強さを年輪に例えています。

「Bling-bang-bang, bling-bang-bang, bling-bang-bang-born 俺のままで Blingして Bangして Bangする為に Bornして来たニッポン Ay」は、生まれながらにして持つ個性や才能を活かし、輝き、影響を与えるために生まれてきたという意志を表しています。

文化的・歴史的背景

Creepy Nutsの楽曲「Bling-Bang-Bang-Born」は、TVアニメ「マッシュル-MASHLE-」のオープニングテーマとして制作されました。

この曲は、魔法が使えない主人公が魔法界で生き抜くというアニメのストーリーにインスピレーションを受けており、主人公の肉体的な強さと勇気を象徴する言葉が用いられています。

 

また、Creepy Nutsはこの曲を通じて、HIP HOP界における自分たちの立ち位置を表現しています。

Creepy Nuts

Creepy Nuts

彼らは、ナニモノにも媚びず、自分たちのラップとDJの技術を磨き上げ、生身で音楽シーンを突き進む姿勢を歌詞に込めています。

 

「Bling-Bang-Bang-Born」というタイトルは、造語であり、歌詞を通じてその意味が伝わるようになっています。歌詞には、「自分らしさを表現することにこそ輝きがある」というメッセージや、「力を使って不合理なものを打破する」という強い意志が込められています。

この楽曲は、TikTokなどのSNSでダンスチャレンジが行われるなど、若者文化の象徴としても広く受け入れられており、多くのユーザーにとって自己表現の場となっています。

言語的特徴

Creepy Nutsの「Bling-Bang-Bang-Born」は、その独特な言語表現とリズミカルなフローで注目を集めています。

歌詞には、比喩や慣用句、繰り返しやオノマトペなど、多様な言語的装置が用いられており、リスナーに強い印象を与えます。

 

例えば、「Bling-bang-bang, bling-bang-bang-born」というフレーズは、繰り返しを用いてリズム感を強調し、耳に残る効果を生み出しています。

また、「生身」という言葉は、アニメ「マッシュル-MASHLE-」の主人公が魔法を使わずに困難に立ち向かう姿と、Creepy Nutsが飾り気のない本質的なラップスタイルを貫く姿勢を象徴しています。

 

さらに、「このベロが Bling-bling バレットなら満タン 関西訛り生身のコトダマ」という部分では、関西訛りを含む独自の言葉遣いが、彼らの個性と地域性を表現しています。

このように、Creepy Nutsは言葉を巧みに操り、音楽と言語の境界を曖昧にすることで、新しいラップの形を提示しています。

 

また、歌詞には日常的な表現とは異なる、独自の造語やスラングが散りばめられており、リスナーに新鮮な驚きを提供します。

これらの言語的特徴は、Creepy Nutsの音楽が若者文化の中でどのように位置づけられているかを示すものであり、彼らの作品が多くの人々に愛される理由の一つです。

 

結論

Creepy Nutsの「Bling-Bang-Bang-Born」は、その独特な言語表現とリズミカルなフローで、リスナーに強い印象を与える楽曲です。

歌詞は、アニメ「マッシュル-MASHLE-」の主人公の姿と、HIP HOP界におけるCreepy Nuts自身の姿を重ね合わせて描かれており、自己表現の重要性と、困難に立ち向かう強い意志を伝えています。

 

この楽曲は、若者文化の中で自己表現の場として広く受け入れられ、SNSでのダンスチャレンジなどを通じて、多くの人々に影響を与えています。

また、Creepy Nutsの作品が持つ言語的な魅力は、リスナーに新たな視点を提供し、音楽を通じたコミュニケーションの可能性を広げています。

 

結論として、「Bling-Bang-Bang-Born」は、単なるエンターテイメントを超え、リスナーにとって自己実現のインスピレーションを与える楽曲であると言えるでしょう。

Creepy Nutsの言葉選びとリズム感は、音楽の力を最大限に活かし、聴く人々に勇気と希望を与えています。

 

プライバシーポリシー / 運営者情報 / お問い合わせ