歌詞和訳るび.com

歌詞和訳るび.comは、K-POPと洋楽の歌詞を日本語に翻訳し、かなルビ付きで提供するサイトです。新曲からアニメ、カラオケのヒット曲まで、3700曲以上の幅広いジャンルをカバーしています。

Elliot’s Song - Dominic Fike & Zendaya:ドミニク・ファイク 【歌詞和訳】

当サイトはリンクフリーです。

 

YouTube

歌詞和訳の部分は以下の順番で記載しています。

かなルビ
歌詞
和訳、意味など

Elliot’s Song
エリオッツ・ソング
Dominic Fike & Zendaya
ドミニク・ファイク & ゼンデイヤ
のかなルビと歌詞和訳


 


[Verse 1: Dominic Fike]



I've got no place
ここはもう僕の場所じゃないんだ


Buildin' you a rocket up to outer space
君が幸せになれるなら、星まで届くロケットを作るよ


I watch you fade
でも、君がどんどん遠ざかっていくのを見るしかない


Keepin' the lights on in this forsaken place
だから、この寂れた場所で、一人で明かりを灯し続けるんだ






 


[Chorus: Dominic Fike]



Little star
小さな星


Feels like you fell right on my head
君は僕の人生に大きな変化をもたらしたね


Gave you away to the wind
君を自由にすることを選んだ


I hope it was worth it in the end
その選択が正しかったと信じたい






 


[Verse 2: Dominic Fike]



Us against the world
僕たちは世界に立ち向かっている


Just a couple sinners makin' fun of hell
どんな困難も二人で笑い飛ばせる


If I keep you here
でも、もし君をここに留めたら


I'll only be doing this for myself
それはもう、自分のためだけになってしまうってこと






 


[Chorus: Dominic Fike & Zendaya]



Little star
小さな星


Feels like you fell right on my head
君は僕の人生に大きな変化をもたらしたね


Gave you away to the wind
君を自由にすることを選んだ


I hope it was worth it in the end
その選択が正しかったと信じたい






 


[Bridge: Dominic Fike & Zendaya]



I know this thing is broken
この関係はもう終わりだと分かってる


So I leave my door wide open
でも、もし君が戻ってきたいなら、いつでもドアは開いてる


Been some time since we've spoken
久しぶりに話して、懐かしい気持ちになった


One day we'll meet again
またどこかで会えたらいいなと思ってる






 


[Chorus: Dominic Fike & Zendaya]



Little star
小さな星


Feels like you fell right on my head
君は僕の人生に大きな変化をもたらしたね


Gave you away to the wind
君を自由にすることを選んだ


I hope it was worth it in the end
その選択が正しかったと信じたい


You and my guitar
君とこのギターだけが、


I think you may be my only friend
僕にとっての友達みたい


I gave it all to see you shine again
君がもう一度幸せになる姿を見るためなら、何でもするよ


I hope it was worth it in the end
そのためにしたことが、全部良かったと信じている


I hope it was worth it in the end
そのためにしたことが、全部良かったと信じている


Elliot’s Song
エリオッツ・ソング
Dominic Fike & Zendaya
ドミニク・ファイク & ゼンデイヤ
の歌詞の意味と解説


ドミニク・ファイクとゼンデイヤの「エリオッツ・ソング」:星のように輝く愛の物語

「エリオッツ・ソング」は、アメリカのシンガーソングライター、ドミニク・ファイクと女優で歌手のゼンデイヤが共演した曲です

この曲は、失われた愛と希望についての深いメッセージを伝えています

歌詞は、主人公が愛する人を手放す決断を描いています

彼はその人が自分を手放すことで、再び輝くことを願っています

また、彼は自分自身の孤独と向き合い、自分のギターが唯一の友人であると感じています

歌詞中には、「ロケット」、「宇宙」、「星」、「風」、「地獄」、「ギター」といったキーワードが散りばめられています

これらのキーワードは、歌詞の中で比喩的に使われ、愛の喪失と再生の物語を豊かに描き出しています

例えば、「Buildin' you a rocket up to outer space」は、愛する人を自由にするためのメタファーです

また、「Feels like you fell right on my head」は、愛する人が自分の人生に大きな影響を与えたことを表しています

この曲は、愛と希望、そして自己犠牲の物語を美しく描き出しています

それは、私たちが愛する人を手放すことで、その人が再び輝くことを願う、深い愛の物語です

「エリオッツ・ソング」の歌詞中にあるスラングと比喩表現

ドミニク・ファイクとゼンデイヤの「エリオッツ・ソング」の歌詞は、感情的な表現や比喩的な表現が豊富に使われています

それぞれの表現がどのような意味を持つのか、そしてそれがこの曲の中でどのように解釈されるのかを見ていきましょう

  • ""I've got no place"":直訳すると「私には場所がない」となります

    しかし、この歌詞の中では、主人公が自分自身の孤独と迷いを表しています

  • ""Buildin' you a rocket up to outer space"":直訳すると「あなたのために宇宙へのロケットを作っている」となります

    しかし、この歌詞の中では、愛する人を自由にするためのメタファーとして使われています

    主人公は、その人が自分自身を見つけ、自由になることを願っています

  • ""I watch you fade"":直訳すると「私はあなたが消えていくのを見ている」となります

    しかし、この歌詞の中では、主人公が愛する人が遠ざかっていく様子を表しています

  • ""Keepin' the lights on in this forsaken place"":直訳すると「この見捨てられた場所で明かりをつけている」となります

    しかし、この歌詞の中では、主人公が自分自身の孤独と絶望を表しています

  • ""Little star"":直訳すると「小さな星」となります

    しかし、この歌詞の中では、主人公が愛する人を表しています

  • ""Feels like you fell right on my head"":直訳すると「あなたが直接私の頭に落ちてきたような感じ」となります

    しかし、この歌詞の中では、愛する人が自分の人生に大きな影響を与えたことを表しています

  • ""Gave you away to the wind"":直訳すると「あなたを風に渡した」となります

    しかし、この歌詞の中では、愛する人を手放す決断を表しています

  • ""Us against the world"":直訳すると「私たち対世界」となります

    しかし、この歌詞の中では、二人だけの世界を象徴しています

  • ""Just a couple sinners makin' fun of hell"":直訳すると「ただの罪人が地獄を笑っている」となります

    しかし、この歌詞の中では、二人が困難を乗り越えようとする様子を表しています

  • ""If I keep you here"":直訳すると「もし私があなたをここに留めておくなら」となります

    しかし、この歌詞の中では、主人公が愛する人を手放す決断を表しています

  • ""I'll only be doing this for myself"":直訳すると「私はこれを自分自身のためにしかやらない」となります

    しかし、この歌詞の中では、主人公が自分自身のエゴイズムを認めています

  • ""I know this thing is broken"":直訳すると「私はこれが壊れていることを知っている」となります

    しかし、この歌詞の中では、主人公が自分自身の失敗と絶望を認めています

  • ""So I leave my door wide open"":直訳すると「だから私はドアを大きく開けておく」となります

    しかし、この歌詞の中では、主人公が未来への希望と開放性を表しています

  • ""Been some time since we've spoken"":直訳すると「私たちが話をしたのは少し前だ」となります

    しかし、この歌詞の中では、主人公が愛する人との距離を表しています

  • ""One day we'll meet again"":直訳すると「いつか私たちは再び会うだろう」となります

    しかし、この歌詞の中では、主人公が未来への希望と再会を表しています

  • ""You and my guitar"":直訳すると「あなたと私のギター」となります

    しかし、この歌詞の中では、主人公が自分自身の孤独と向き合う様子を表しています

    ギターは主人公の唯一の友人であり、慰めを与えてくれます

  • ""I gave it all to see you shine again"":直訳すると「私は全てを捧げてあなたが再び輝くのを見たい」となります

    しかし、この歌詞の中では、主人公が愛する人が再び輝くことを願っています

これらの表現は、歌詞の中で感情的な深みを加え、聴き手に強い印象を与えます

それぞれの表現が、歌詞全体のテーマである失われた愛と希望の物語を豊かに描き出しています

エリオッツ・ソングのリリースと関連情報についての考察

エリオッツ・ソングは、2022年3月4日にリリースされました

この曲は、アメリカのテレビシリーズEuphoriaのシーズン2のサウンドトラックとスコアアルバムからシングルとしてリリースされました

この曲は、ドミニク・ファイクとゼンデイヤによって歌われ、Labrinth、彼のガールフレンドのMuzhda Muz Zemar-McKenzie、そしてゼンデイヤによって書かれました

この曲は、ドミニク・ファイクが演じるキャラクター、エリオットがEuphoriaのシーズン2の最終回でルー(ゼンデイヤ)に向けて歌ったバラードです

このシーンはその長さから批判を受け、ミームにもなりました

シングルバージョンのトラックには、ゼンデイヤが歌う部分も含まれています

この曲がリリースされた時期、アーティストの背景、そして曲が関連するテレビシリーズEuphoriaの情報を考慮すると、この曲が描く愛と希望の物語は、実際のドラマのストーリーラインと深く結びついていると考えられます

ドミニク・ファイクとゼンデイヤが演じるキャラクター間の複雑な関係性と、それぞれのキャラクターが直面する困難と希望が、歌詞の中で巧みに表現されています

また、この曲がリリースされた時期は、Euphoriaのシーズン2の最終回の放送直後であり、そのエピソードの中でこの曲が特徴的に使用されたことから、視聴者に強い印象を与えたと考えられます

これは、音楽がテレビシリーズのストーリーテリングにおいて重要な役割を果たす一例であり、視覴体験を補完し、視聴者の感情的な反応を深める手段として音楽がどのように使用されるかを示しています

以上の考察はあくまで個人的な見解であり、公式の情報や解釈とは異なる場合があります


この曲の画像

Elliot’s Song - Dominic Fike & Zendaya:ドミニク・ファイク 【歌詞和訳】

Elliot’s Song - Dominic Fike & Zendaya:ドミニク・ファイク 【歌詞和訳】

他の記事を検索する

プライバシーポリシー / 運営者情報 / お問い合わせ