歌詞和訳るび.com

歌詞和訳るび.com - K-POPと洋楽の歌詞を日本語に翻訳し、かなルビ付きで提供。3500曲以上の豊富なラインナップで、新曲も速報で更新。アニメやテレビ主題歌、カラオケの人気曲など、幅広いジャンルの歌詞を網羅



表示されている動画は再生しながら和訳を見れます
できない場合は別ブラウザで試してみてください
また、当サイトはリンクフリーです。

「YOASOBI『心音 (HEART BEAT)』の深い意味を解析!自己発見の旅へ」

 

歌詞和訳の部分は以下の順番で記載しています。

かなルビ
歌詞
和訳、意味など

心音 (HEART BEAT)
ハートビート
YOASOBI
ヨアソビ
のかなルビと歌詞和訳


[Intro]



Ooh



Ooh-oh-oh







[Verse]



いつか 心にも無い軽口で



みだりに君を怒らせてしまったね



「ごめんね」さえ言い出せなかった



この心臓の音がうるさくて



いつだっけ



これ以上は止めにしようと



組み上げてきた積み木を手放した



鼓動に揺れた指先に触れて



崩れてしまう前にと







[Pre-Chorus]



そう 悩みの種は



いつも (いつも)



誰かのことと



明日のことと



未来のこと



ばかりだ



ねえ 考えるほど駆け足で



脈打つリズム



もっと上手に



もっと綺麗に



刻めたら







 


[Chorus]



足がすくんでしまっても



声が震えても



お構いなし



心は置き去りのままで



加速していくビート



まだ準備も出来ていないのに



右向け右の通りに



はみ出さないように



揃えられた僕を取り残したままで



加速する日々よ



どんな風に歩いていたっけ



(Do-do-do) どんな僕が僕だったっけ



Ah-ah-ah







[Bridge]



ずっと遠くに見ていた



ずっと先の未来は



ずっと近くに来ていた



ずっと ずっと



Ooh-ooh



Ooh-oh-oh



Ha-ha-ha







[Pre-Chorus]



本当に大事なことは (本当に)



いつも (誰も)



教えてくれない (誰も)



これからのこと



肝心なとこ (肝心なとこ)



今も考えれば考えるほど



分からなくて



もっと格好良く



もっと胸張って



進めたら







[Breakdown]



足がすくんでしまっても



声が震えても



お構いなし



心は置き去りのままで



加速していくビート



張り裂けてしまいそうだ







 


[Chorus]



喉につかえた「ごめんね」



揺れ動く指先



いつも思えばこの胸の奥が



痛いほど脈打つのは



かけがえないものに



(愛するべきものに)



触れた瞬間ばかりだ



きっと 飛び跳ねる心臓が



鳴らした音は



僕にとって本当に大切なものを



教えてくれていたんだずっと



いつだって







[Post-Chorus]



誰かに貼られた



「らしさ」は要らない



どこまでも



響け僕のハートビート



誰でもない



自分の証



誇らしく鳴らせ



張り裂けそうな



心で鳴らせ



世界で一つの証







[Outro]



ずっと遠くに見ていた



ずっと先の未来は



ずっと近くに来ている



ずっとずっと



ずっと前から僕が



ずっと探していたものは



ずっと近くにあったんだ



ずっとずっと



これは始まりの合図だ


更新通知登録

X(旧:Twitter)で更新を確認できます

心音 (HEART BEAT)
ハートビート
YOASOBI
ヨアソビ
の歌詞の意味と解説

YOASOBIの「心音 (HEART BEAT)」は、心の内なる声と、自己実現の旅を描いた楽曲です。
この曲は、内面の葛藤と成長、自己表現の重要性を探求しています。
それでは、この楽曲の核となる部分を和訳し、意味を解説します。

和訳と解説
Verse
「いつか 心にも無い軽口で みだりに君を怒らせてしまったね」 この部分は、軽はずみな発言が相手を傷つけてしまった瞬間を表しています。
言葉の力と、その後の後悔を感じさせる一節です。

Chorus
「足がすくんでしまっても 声が震えても お構いなし 心は置き去りのままで 加速していくビート」 ここでは、不安や恐怖にも負けずに前に進む決意を示しています。
心の奥深くからのビート、つまりは心の声に耳を傾け、自分の道を進む勇気を歌っています。

Bridge
「ずっと遠くに見ていた ずっと先の未来は ずっと近くに来ていた」 未来への不安と期待が混在するこの部分は、時が経つにつれて、遠い未来が現実に変わっていく過程を描いています。

Post-Chorus
「誰かに貼られた「らしさ」は要らない どこまでも 響け僕のハートビート」 自分らしさを大切にし、他人の期待やレッテルに囚われずに生きることの重要性を歌っています。
自分の心臓の鼓動、つまりは自己実現のために生きることを訴えています。

この曲は、個人の成長と自己表現の旅を描いており、多くの人に共感を呼ぶテーマです。
ブログ記事では、これらの感情を読者に伝え、曲への興味を深めることが大切です。

この曲の画像

【歌詞/解説】心音 (HEART BEAT):ハートビート - YOASOBI:ヨアソビ

【歌詞/解説】心音 (HEART BEAT):ハートビート - YOASOBI:ヨアソビ

他の記事を検索する

" "
プライバシーポリシー / 運営者情報 / お問い合わせ