歌詞和訳るび.com

歌詞和訳るび.comは、K-POPと洋楽の歌詞を日本語に翻訳し、かなルビ付きで提供するサイトです。新曲からアニメ、カラオケのヒット曲まで、3700曲以上の幅広いジャンルをカバーしています。

RU-PUM PUM Japanese ver.- 8TURN【歌詞和訳/るび】

当サイトはリンクフリーです。

 

YouTube

歌詞和訳の部分は以下の順番で記載しています。

かなルビ
歌詞
和訳、意味など

RU-PUM PUM Japanese ver.
日本語バージョン
8TURN
エイトターン
のかなルビと歌詞和訳


 


[Intro: Yungyu, Jaeyun]


ル-プー-プーン, プーン, ル-プー-プー-プー-プーン, プーン
Ru-pu-pum, pum, ru-pu-pu-pu-pum, pum
ビート、ビート、リズム、ビート

イェア, ウィ ノー ウィア ドープ, ドゥー-ドゥー-ドゥー-ドゥー-ドゥー-ドープ
Yeah, we know we're dope, do-do-do-do-do-dope
そう、僕たちは自信満々、最高にクール

ˈシュガ テイスト, アム, ウィ ア ソー ˈピーチ, ヤム
Sugar taste, um, we are so peachy, yum
甘くて魅力的、うん、僕たちはとっても魅力的、美味しいね

(ル-プー-プーン, プーン, ル-プー-プー-プー-プーン, プーン)
(Ru-pu-pum, pum, ru-pu-pu-pu-pum, pum)
(ビート、ビート、リズム、ビート)






 


[Verse 1: Jaeyun, Seungheon, Kyungmin]


カˈネクティング オール ザ スレズ
Connecting all the threads
すべてをつなげて

ˈトラフィック アップ (アップ, アップ, アップ)
Traffic up (Up, up, up)
トラフィックアップ(アップ、アップ、アップ)

最前の トレンド
最前の trend
最前線のトレンド

ウィ ア ザ ˈフォーフラント
We are the forefront
僕たちは先頭にいる

アイ セイ ウィ オン イット, 閃く火の粉広がり ミームに
I say we on it, 閃く火の粉広がり memeに
僕たちのやっていることが、輝く火花のように広がり、みんなの間で流行っているんだ

最新鋭のルーキー, ˈアブサルートリ ˈピーチ (ハー, ハー, ハー, ハー)
最新鋭のルーキー, absolutely peachy (Ha, ha, ha, ha)
音楽界の最前線で活躍する新星、間違いなく魅力的でフレッシュ(ハハハハ)

これから一瞬で中毒なってく holic
これから一瞬で中毒なってく holic
これからすぐに中毒になるよ、中毒者に






 


[Pre-Chorus: Yungyu, Haemin, Minho, Myungho, *Seungheon*]


ビジュが クール だけじゃない
ビジュが cool だけじゃない
ビジュアルがクールなだけじゃない

溢れてくる魅力 異彩に フィット
溢れてくる魅力 異彩に fit
あふれ出る魅力、異色にフィット

刺激的 フィール ソー ファイン
刺激的 feel so fine
刺激的で、とてもいい感じ

弾け飛ぶ完璧な ˈスィナジ
弾け飛ぶ完璧な synergy
完璧なシナジーが弾け飛ぶ

ウォー-オー-オー
Woah-oh-oh
ウォー・オー・オー

ユ ドーント ノー, ˈレディ タ レット ユ ノー, オー, オー
You don't know, ready to let you know, oh, oh
君は知らない、教えてあげる準備ができてる、オー、オー

ピチ上げる ˈタイミング
Pitch上げる timing
盛り上がるべき瞬間が来たんだ

ヒット イット オフ, ˈベイビ, ゲット セット, ラウド
Hit it off, baby, get set, loud
始めよう、ベイビー、準備して、大きな声で

*ル-プー-プーン, プーン, ル-プー-プー-プー-プーン, プーン*
*Ru-pu-pum, pum, ru-pu-pu-pu-pum, pum*
*ビート、ビート、リズム、ビート*






 


[Chorus: Jaeyun, Myungho, Kyungmin]


ル-プー-プーン, プーン, ル-プー-プー-プー-プーン, プーン
Ru-pu-pum, pum, ru-pu-pu-pu-pum, pum
ビート、ビート、リズム、ビート

イェア, ウィ ノー ウィア ドープ, ドゥー-ドゥー-ドゥー-ドゥー-ドゥー-ドープ
Yeah, we know we're dope, do-do-do-do-do-dope
ええ、僕たちがかっこいいことは分かってるよ、すごくね

ˈシュガ テイスト, アム, ウィ ア ソー ˈピーチ, ヤム
Sugar taste, um, we are so peachy, yum
甘くて魅力的、そう、僕たちの魅力はとてもフレッシュで心地いいんだ

(ル-プー-プーン, プーン, ル-プー-プー-プー-プーン, プー-プー-プーン)
(Ru-pu-pum, pum, ru-pu-pu-pu-pum, pu-pu-pum)
(ビート、ビート、リズム、ビート)

ル-プー-プーン, プーン, ル-プー-プー-プー-プーン, プーン
Ru-pu-pum, pum, ru-pu-pu-pu-pum, pum
ビート、ビート、リズム、ビート

イェア, ウィ ノー ウィア ドープ, ドゥー-ドゥー-ドゥー-ドゥー-ドゥー-ドープ
Yeah, we know we're dope, do-do-do-do-do-dope
うん、僕たちがすごいのは知ってる、ド・ド・ド・ド・ドープ

一瞬の タチ, ウィ ア ソー ˈピーチ, ヤム
一瞬の touch, we are so peachy, yum
触れるだけで心をつかむ、僕たちの魅力はとてもフレッシュで魅力的だ

ル-プー-プーン, プーン, ル-プー-プー-プー-プーン, プーン
Ru-pu-pum, pum, ru-pu-pu-pu-pum, pum
ビート、ビート、リズム、ビート






 


[Verse 2: Yungyu, Jaeyun, Seungheon, Yoonsung]


ピース, ワン, ヴィー, トゥー, ギムチ, イェア
Peace, one, V, two, 김치, yeah
平和、ワン、V、ツー、キムチ、イェー

無意識で最高 カット
無意識で最高 cut
無意識のうちに最高のカット

そんなキャラじゃない, ア
そんなキャラじゃない, uh
そんなキャラじゃない、うん

そうじゃない? オー, マイ, ミー, ワウ
そうじゃない? Oh, my, me, wow
本当に?うわ、信じられない!

流行りの スタイル, ˈエニワン ノーズ ザット
流行りの style, anyone knows that
流行のスタイル、誰でもそれを知ってる

フラシ 最中 ˈレディ ファ ˈコムバット
Flash 最中 ready for combat
フラッシュの最中、戦闘準備完了

ˈオーラが ほらダダ漏れ フロー
Auraが ほらダダ漏れ flow
僕たちの魅力は溢れ出て止まらない、自然に流れるように

佇まい感じられる フォーム
佇まい感じられる form
僕たちの姿勢はそのまま僕たちを表している、見た目からもわかるスタイルだ






 


[Post-Verse: Myungho, Haemin]


ダメと言われ ˈクリティクル
ダメと言われ critical
ダメだと言われてもクリティカル

でもいつの間に ˈワンダフル
でもいつの間に wonderful
でもいつの間にか素晴らしい

真似出来ない アト ワン タイム
真似出来ない at one time
一度で真似できない

生まれつきだから
生まれつきだから
生まれながらにして






 


[Pre-Chorus: Seungheon, Yungyu, Kyungmin, Myungho, *Minho*]


革命響け パウンド
革命響け pound
新しい波を起こせ、力強く

見てて 無限に爆ぜる ˈケミストリ
見てて 無限に爆ぜる chemistry
見てて、無限に爆発するケミストリー

歓声が沸く サウンド
歓声が沸く sound
歓声が沸くサウンド

あの子の夢は僕に ˈウォナˌビー (僕に ˈウォナˌビー, イェア)
あの子の夢は僕に wannabe (僕に wannabe, yeah)
あの子の夢は僕になりたい(僕になりたい、イェー)

ウォー-オー-オー
Woah-oh-oh
ウォー・オー・オー

ユ ドーント ノー, ˈレディ タ レット ユ ノー, オー, オー
You don't know, ready to let you know, oh, oh
君は知らない、教えてあげる準備ができてる、オー、オー

ピチ上げる ˈタイミング
Pitch上げる timing
ピッチを上げるタイミング

ヒット イット オフ, ˈベイビ, ゲット セット, ラウド
Hit it off, baby, get set, loud
始めよう、ベイビー、準備して、大きな声で

*ル-プー-プーン, プーン, ル-プー-プー-プー-プーン, プーン* (アウ)
*Ru-pu-pum, pum, ru-pu-pu-pu-pum, pum* (Ow)
*ビート、ビート、リズム、ビート* (オウ)






 


[Chorus: Yungyu, Yoonsung, Haemin, Myungho]


ル-プー-プーン, プーン, ル-プー-プー-プー-プーン, プーン
Ru-pu-pum, pum, ru-pu-pu-pu-pum, pum
ビート、ビート、リズム、ビート

イェア, ウィ ノー ウィア ドープ, ドゥー-ドゥー-ドゥー-ドゥー-ドゥー-ドープ
Yeah, we know we're dope, do-do-do-do-do-dope
そう、僕たちのことは知ってるよね、すごくクールだって

ˈシュガ テイスト, アム, ウィ ア ソー ˈピーチ, ヤム
Sugar taste, um, we are so peachy, yum
砂糖みたいな味、うん、僕たちはすごくピーチー、おいしい

(ル-プー-プーン, プーン, ル-プー-プー-プー-プーン, プー-プー-プーン) (ウー)
(Ru-pu-pum, pum, ru-pu-pu-pu-pum, pu-pu-pum) (Ooh)
(ビート、ビート、リズム、ビート) (ウー)

ル-プー-プーン, プーン, ル-プー-プー-プー-プーン, プーン
Ru-pu-pum, pum, ru-pu-pu-pu-pum, pum
ビート、ビート、リズム、ビート

イェア, ウィ ノー ウィア ドープ, ドゥー-ドゥー-ドゥー-ドゥー-ドゥー-ドープ
Yeah, we know we're dope, do-do-do-do-do-dope
うん、僕たちがすごいのは知ってる、ド・ド・ド・ド・ドープ

一瞬の タチ, ウィ ア ソー ˈピーチ, ヤム
一瞬の touch, we are so peachy, yum
触れた瞬間に感じる、僕たちの魅力は新鮮で甘い

ル-プー-プーン, プーン, ル-プー-プー-プー-プーン, プーン
Ru-pu-pum, pum, ru-pu-pu-pu-pum, pum
ビート、ビート、リズム、ビート






 


[Bridge: Myungho, Minho]


頭から全身へ
頭から全身へ
頭から全身まで

ウィズ 自身への ビˈリーヴ
With 自身への believe
自分自身を信じて

息を殺し耐えて来た
息を殺して耐えてきた
息を殺して耐えてきた

熱い心臓が ビョーン イット
熱い心臓が burn it
熱い心臓がそれを燃やす

駆け抜けよう オール マイ ライフ
駆け抜けよう all my life
一生懸命に駆け抜けよう

アイム ˈレディ ファ リアル (アイム ˈレディ ファ リアル)
I'm ready for real (I'm ready for real)
本当に準備ができてる(本当に準備ができてる)






 


[Interlude: Yungyu, Seungheon, Kyungmin]


カウント タ テン, 始めるぜ, ライト?
Count to ten, 始めるぜ, right?
10まで数えて、始めよう、いいね?

満たしていく, マイ ˈクレイズィ テイスト
満たしていく, my crazy taste
僕のクレイジーな味を満たしていく

フラム ヘド タ トー, 瞬間盗む ハート
From head to toe, 瞬間盗む heart
頭からつま先まで、一瞬で心を盗む

(ラン, ル-ラン, ル-ラン, ラン, ラン, ラン, ラン, ラン, ラン, ラン, ラン)
(Run, ru-run, ru-run, run, run, run, run, run, run, run, run)
(走れ、走れ、走れ、走れ、走れ、走れ、走れ、走れ、走れ、走れ、走れ)

イェア, イツ タイム タ ゲット ワイルド
Yeah, it's time to get wild
そう、ワイルドになる時間だ






 


[Chorus: Jaeyun, Minho, Kyungmin, Myungho]


ル-プー-プーン, プーン, ル-プー-プー-プー-プーン, プーン (ウー)
Ru-pu-pum, pum, ru-pu-pu-pu-pum, pum (Ooh)
ビート、ビート、リズム、ビート (ウー)

イェア, ウィ ノー ウィア ドープ, ドゥー-ドゥー-ドゥー-ドゥー-ドゥー-ドープ
Yeah, we know we're dope, do-do-do-do-do-dope
うん、僕たちがすごいのは知ってる、ド・ド・ド・ド・ドープ

ˈシュガ テイスト, アム, ウィ ア ソー ˈピーチ, ヤム
Sugar taste, um, we are so peachy, yum
甘い魅力があるんだ、うん、僕たちはとてもフレッシュで魅力的、楽しいね

(ル-プー-プーン, プーン, ル-プー-プー-プー-プーン, プー-プー-プーン) (ヒット イット ライク イェア)
(Ru-pu-pum, pum, ru-pu-pu-pu-pum, pu-pu-pum) (Hit it like yeah)
(ビート、ビート、リズム、ビート) (そう、やってみろ)

ル-プー-プーン, プーン, ル-プー-プー-プー-プーン, プーン (オー)
Ru-pu-pum, pum, ru-pu-pu-pu-pum, pum (Oh)
ビート、ビート、リズム、ビート(オー)

イェア, ウィ ノー ウィア ドープ, ドゥー-ドゥー-ドゥー-ドゥー-ドゥー-ドープ (イェア)
Yeah, we know we're dope, do-do-do-do-do-dope (Yeah)
そう、僕たちのことは知ってるよね、本当にクールだって(そうだね)

一瞬の タチ, ウィ ア ソー ˈピーチ, ヤム (オー, イェア)
一瞬の touch, we are so peachy, yum (Oh, yeah)
触れた瞬間に感じる、僕たちの魅力は新鮮で甘い(そう、本当に)

ル-プー-プーン, プーン, ル-プー-プー-プー-プーン, プーン
Ru-pu-pum, pum, ru-pu-pu-pu-pum, pum
ビート、ビート、リズム、ビート






 


[Refrain: Yoonsung, Myungho, Yungyu]


イェア, ウィ ゴット ズィー "オール クリア," レット イット ゴー
Yeah, we got the "all clear," let it go
うん、全てクリアだ、「行け」って

イェア, 火花散らす, レット アム ノー
Yeah, 火花散らす, let 'em know
うん、火花を散らして、知らせてやる

イェア, ウィ ア ニュー ˈオーサム, ˈヴェリ グド
Yeah, we are new awesome, very good
うん、僕たちは新しくてすごい、とてもいい

(ル-プー-プーン, プーン, ル-プー-プー-プー-プーン, プー-プー-プーン)
(Ru-pu-pum, pum, ru-pu-pu-pu-pum, pu-pu-pum)
(ビート、ビート、リズム、ビート)






 


[Refrain: Minho, Haemin, Jaeyun, Seungheon]


イェア, ウィ ゴット ズィー "オール クリア," レット イット ゴー
Yeah, we got the "all clear," let it go
うん、全てクリアだ、「行け」って

イェア, 火花散らす, レット アム ノー
Yeah, 火花散らす, let 'em know
うん、火花を散らして、知らせてやる

イェア, ウィ ア ニュー ˈオーサム, ˈヴェリ グド
Yeah, we are new awesome, very good
うん、僕たちは新しくてすごい、とてもいい

ル-プー-プーン, プーン, ル-プー-プー-プー-プーン, プーン
Ru-pu-pum, pum, ru-pu-pu-pu-pum, pum
ビート、ビート、リズム、ビート
更新通知登録

X(旧:Twitter)で更新を確認できます

RU-PUM PUM Japanese ver.
日本語バージョン
8TURN
エイトターン
の歌詞の意味と解説

8TURN:エイトターンの輝かしいキャリアとその魅力

8TURN:エイトターンは、韓国の音楽シーンに新たな風を吹き込んだアイドルグループです。

彼らは、独特のスタイルとカリスマ性で、瞬く間に多くのファンを魅了しました。

デビュー以来、彼らは革新的な音楽とパフォーマンスで、K-POP界における自分たちの地位を確立してきました。

 

メンバーそれぞれが個性豊かで、その才能と魅力をグループに注ぎ込んでいます。

彼らの音楽は、若者の心を捉えるポップなメロディと、時には社会的なメッセージを含んだ歌詞で構成されており、多くの人々に影響を与えています。

 

8TURN:エイトターンは、これからも進化し続けるアーティストであり、彼らの音楽は世界中のリスナーに新たなインスピレーションを与えていくことでしょう。

 

「RU-PUM PUM」制作の舞台裏:8TURNのクリエイティブなプロセス

「RU-PUM PUM」は、8TURNがリリースした楽曲の中でも特に注目を集めています。

この曲は、彼らのアイデンティティと青春のエネルギーを表現するために作られました。

制作過程では、メンバー全員がアイデアを出し合い、それぞれの個性が反映された楽曲に仕上がっています。

 

特に、この曲のキャッチーなフック部分「RU-PUM PUM」は、スタジオでのジャムセッション中に偶然生まれたものです。

メンバーたちが自由にリズムを刻んでいる中で、このフレーズが spontaneity から生まれ、曲の中心的な要素となりました。

 

「RU-PUM PUM」は、8TURNの音楽的な探求と実験の結果であり、彼らの創造性とチームワークの象徴と言えるでしょう。

 

「RU-PUM PUM」の歌詞が語るストーリーとは

8TURNの「RU-PUM PUM」は、ただのポップソングではありません。

この歌詞は、自信と若さの力強さを表現しており、リスナーにエネルギーとインスピレーションを与えます。

歌詞の中で繰り返される「RU-PUM PUM」は、心を躍らせるリズムとともに、自分たちの存在を大胆に宣言しています。

 

各バースとコーラスでは、彼らの個性と魅力が強調され、リスナーに向けて直接的なメッセージを送っています。

彼らは、自分たちのスタイルを確立し、世界に向けて新しい音楽の波を起こす準備ができていると伝えています。

 

「RU-PUM PUM」は、8TURNが次世代のアイドルとしての地位を確立するための宣言であり、彼らの音楽的な旅路の始まりを告げる曲です。

 

この曲の画像

RU-PUM PUM Japanese ver. 8TURN

RU-PUM PUM Japanese ver. 8TURN

他の記事を検索する

プライバシーポリシー / 運営者情報 / お問い合わせ