歌詞和訳るび.com

歌詞和訳るび.comは、K-POPと洋楽の歌詞を日本語に翻訳し、かなルビ付きで提供するサイトです。新曲からアニメ、カラオケのヒット曲まで、3700曲以上の幅広いジャンルをカバーしています。

The Great War - Taylor Swift:テイラー・スイフト【歌詞和訳/るび】

当サイトはリンクフリーです。

 

歌詞和訳の部分は以下の順番で記載しています。

かなルビ
歌詞
和訳、意味など

The Great War
ザ・グレート・ウォー
Taylor Swift
テイラー・スイフト
のかなルビと歌詞和訳


 


[Verse 1]


まい なっくるず わー ぶるーずど らいく ヴぁいおれっつ
My knuckles were bruised like violets
あたしの拳は紫色に打ち身だらけ

さっかー ぱんちんぐ うぉーるず, かーすと ゆー あず あい すりーぷ とーくと
Sucker punching walls, cursed you as I sleep-talked
壁にパンチを食らわせて、眠り言であなたを呪った

すぱいんれす いん まい とぅーむ おぶ さいれんす
Spineless in my tomb of silence
沈黙の墓の中で無気力

とあ ゆあ ばなーず だうん, とぅっく ざ ばとる あんだーぐらうんど
Tore your banners down, took the battle underground
あなたの旗を引き裂き、戦いを地下に持ち込んだ

あんど めいびー いっと わず いーごず すうぃんぎんぐ
And maybe it was egos swinging
多分それは自我がぶつかり合っていたの

めいびー いっと わず はー
Maybe it was her
多分それは彼女だったの

ふらしぇず おぶ ざ ばとる かむ ばっく とぅ みー いん あ ぶらー
Flashes of the battle come back to me in a blur
戦いの閃光がぼんやりとあたしの記憶に戻ってくる






 


[Chorus]


おーる ざっと ぶらっどしぇっど, くりむぞん くろーばー
All that bloodshed, crimson clover
その血の雨、紅のクローバー

あっは, すうぃーと どりーむ わず おーばー
Uh-huh, sweet dream was over
うん、甘い夢は終わった

まい はんど わず ざ わん ゆー りーちと ふぉー
My hand was the one you reached for
あたしの手があなたが求めたものだった

おーる するーあうと ざ ぐれいと うぉー
All throughout the Great War
大戦を通じてずっと

おーるうぇいず りめんばー
Always remember
いつも覚えていて

あっは, てぃあーず おん ざ れたー
Uh-huh, tears on the letter
うん、手紙の上の涙

あい ヴぁうど のっと とぅ くらい あにもあ
I vowed not to cry anymore
もう泣かないと誓った

いふ うぃー さヴぁいヴど ざ ぐれいと うぉー
If we survived the Great War
もしあたしたちが大戦を生き延びたら






 


[Verse 2]


ゆー どりゅー あっぷ さむ ぐっど ふぇいす とぅりーてぃーず
You drew up some good faith treaties
あなたは善意の条約を描いた

あい どりゅー かーてんず くろーずど, どらんく まい ぽいずん おーる あろーん
I drew curtains closed, drank my poison all alone
あたしはカーテンを閉じて、一人で毒を飲んだ

ゆー せっど あい はふ とぅ とらすと もあ ふりーりー
You said I have to trust more freely
もっと自由に信頼しなければならないとあなたは言った

ばっと でぃーぜる いず でざいあ, ゆー わー ぷれいんぐ うぃず ふぁいあ
But diesel is desire, you were playing with fire
でもディーゼルは欲望、あなたは火遊びをしていた

あんど めいびー いっつ ざ ぱすと ざっつ とーきんぐ
And maybe it's the past that's talking
多分それは過去が話しているの

すくりーみんぐ ふろむ ざ くりぷと
Screaming from the crypt
墓から叫んでいる

てりんぐ みー とぅ ぱにっしゅ ゆー ふぉー しんぐす ゆー ねヴぁー でぃど
Telling me to punish you for things you never did
あなたが決してしていないことであなたを罰するようにあたしに言っている

そー あい じゃすてぃふぁいど いっと
So I justified it
だからあたしはそれを正当化した






 


[Chorus]


おーる ざっと ぶらっどしぇっど, くりむぞん くろーばー
All that bloodshed, crimson clover
その血の雨、紅のクローバー

あっは, ざ ぼむず わー くろーさー
Uh-huh, the bombs were closer
うん、爆弾はもっと近かった

まい はんど わず ざ わん ゆー りーちと ふぉー
My hand was the one you reached for
あたしの手があなたが求めたものだった

おーる するーあうと ざ ぐれいと うぉー
All throughout the Great War
大戦を通じてずっと

おーるうぇいず りめんばー
Always remember
いつも覚えていて

あっは, ざ ばーにんぐ えんばーず
Uh-huh, the burning embers
うん、燃える炭

あい ヴぁうど のっと とぅ ふぁいと あにもあ
I vowed not to fight anymore
もう戦わないと誓った

いふ うぃー さヴぁいヴど ざ ぐれいと うぉー
If we survived the Great War
もしあたしたちが大戦を生き延びたら






 


[Post-Chorus]


あっは, あっは
Uh-huh, uh-huh
うん、うん






 


[Bridge]


いっと たーんど いんとぅ さむしんぐ びがー
It turned into something bigger
それはもっと大きなものに変わった

さむうぇあ いん ざ へいず, がっと あ せんす あいど びーん べとれいど
Somewhere in the haze, got a sense I'd been betrayed
霧の中で、裏切られた感覚があった

ゆあ ふぃんがー おん まい へあぴん とりがーず
Your finger on my hairpin triggers
あなたの指はあたしの髪留めのトリガーに

そるじゃー だうん おん ざっと あいしー ぐらうんど
Soldier down on that icy ground
氷の地面に倒れた兵士

るっくと あっぷ あっと みー うぃず おなー あんど とぅるーす
Looked up at me with honor and truth
名誉と真実を持ってあたしを見上げた

ぶろーくん あんど ぶるー, そー あい こーるど おふ ざ とぅるーぷす
Broken and blue, so I called off the troops
壊れて青ざめて、だからあたしは軍隊を呼び戻した

ざっと わず ざ ないと あい にありー ろすと ゆー
That was the night I nearly lost you
それがあなたをほとんど失った夜だった

あい りありー そーと あいど ろすと ゆー
I really thought I'd lost you
本当にあなたを失ったと思った






 


[Verse 3]


うぃー きゃん ぷらんと あ めもりー がーでん
We can plant a memory garden
あたしたちは記憶の庭を植えることができる

せい あ それむん ぷれいやー, ぷれいす あ ぽぴー いん まい へあ
Say a solemn prayer, place a poppy in my hair
厳粛な祈りを捧げ、あたしの髪にポピーを置く

ぜあず のー もーにんぐ ぐろーりー, いっと わず うぉー, いっと わずんと ふぇあ
There's no morning glory, it was war, it wasn't fair
朝の栄光はない、それは戦争だった、公平ではなかった

あんど うぃー うぃる ねヴぁー ごー ばっく
And we will never go back
そしてあたしたちは二度と戻らない






 


[Chorus]


とぅ ざっと ぶらっどしぇっど, くりむぞん くろーばー
To that bloodshed, crimson clover
その血の雨、紅のクローバーに

あっは, ざ わーすと わず おーばー
Uh-huh, the worst was over
うん、最悪は終わった

まい はんど わず ざ わん ゆー りーちと ふぉー
My hand was the one you reached for
あたしの手があなたが求めたものだった

おーる するーあうと ざ ぐれいと うぉー
All throughout the Great War
大戦を通じてずっと

おーるうぇいず りめんばー
Always remember
いつも覚えていて

あっは, うぃーあー ばーんど ふぉー べたー
Uh-huh, we're burned for better
うん、あたしたちはより良いために焼かれた

あい ヴぁうど あい うっど おーるうぇいず びー ゆあーず
I vowed I would always be yours
あたしはいつもあなたのものだと誓った

こーず うぃー さヴぁいヴど ざ ぐれいと うぉー
'Cause we survived the Great War
だってあたしたちは大戦を生き延びたから






 


[Outro]


あっは, あっは
Uh-huh, uh-huh
うん、うん

あい うぃる おーるうぇいず びー ゆあーず
I will always be yours
あたしはいつもあなたのもの

こーず うぃー さヴぁいヴど ざ ぐれいと うぉー
'Cause we survived the Great War
だってあたしたちは大戦を生き延びたから

あっは
Uh-huh
うん

あい ヴぁう あい うぃる おーるうぇいず びー ゆあーず
I vow I will always be yours
あたしはいつもあなたのものだと誓う


更新通知登録

X(旧:Twitter)で更新を確認できます

The Great War
ザ・グレート・ウォー
Taylor Swift
テイラー・スイフト
の歌詞の意味と解説

テイラー・スイフトの「The Great War」に込められた意味とは?

テイラー・スイフトの「The Great War」は、彼女のアルバム「Midnights (3am Edition)」に収録されている曲で、困難な関係を戦争に例えた歌詞が特徴です。

この曲は、過去の関係からの影響や不安を乗り越え、信頼と和解を求めるテイラーの心情を表しています。

 

アーティストの人物像やキャリアの経歴

テイラー・スイフトは1989年12月13日生まれのアメリカ合衆国のシンガーソングライターで、幼少期から音楽に親しみ、14歳でプロのソングライターとしてキャリアをスタートしました。

彼女はカントリー音楽から始まり、ポップ、ロック、インディーフォークなど様々なジャンルを探求してきました。

テイラーはその才能と多様性で音楽業界に大きな影響を与えており、グラミー賞を複数回受賞するなど、その実績は計り知れません。

 

歌詞の背後にある文化的背景

「The Great War」の歌詞は、テイラー・スイフトが過去に経験した恋愛関係の困難を戦争のメタファーを使って描写しています。

彼女の歌詞にはしばしば個人的な体験が反映されており、リスナーに深い共感を呼び起こします。

この曲では、信頼の欠如や過去の影響が関係に及ぼす影響を探り、最終的には愛による和解と約束を誓う内容となっています。

 

アーティストの意図と歌詞から感じられる感情

テイラー・スイフトは「The Great War」を通じて、関係の中での葛藤や苦悩を乗り越え、愛による絆を再確認する旅を描いています。

歌詞からは、過去の傷や不安を克服し、信頼と愛に基づいた関係を築くことへの強い願望が感じられます。

彼女はリスナーに対して、困難を乗り越えた先にある希望のメッセージを伝えています。

 

歌詞のストーリー

「The Great War」の歌詞は、関係の中での戦いと和解の物語を描いています。

テイラーは自身の感情を率直に表現し、リスナーに対して、愛があればどんな困難も乗り越えられるというメッセージを伝えています。

この曲は、テイラー・スイフトの音楽的な成長と共に、彼女の個人的な成長の証でもあります。

 

この歌詞解説は、テイラー・スイフトの音楽と彼女の歌詞に込められた深い意味を理解するための一助となることを願っています。

彼女の音楽がこれからも多くの人々に影響を与え、共感を呼び起こすことでしょう。

 

この曲の画像

The Great War - Taylor Swift:テイラー・スイフト【歌詞和訳/るび】

The Great War - Taylor Swift:テイラー・スイフト【歌詞和訳/るび】

他の記事を検索する

プライバシーポリシー / 運営者情報 / お問い合わせ