歌詞和訳るび.com

歌詞和訳るび.comは、K-POPと洋楽の歌詞を日本語に翻訳し、かなルビ付きで提供するサイトです。新曲からアニメ、カラオケのヒット曲まで、3700曲以上の幅広いジャンルをカバーしています。

Midnights  - Taylor Swift:テイラー・スイフト【アルバム全曲歌詞和訳】

当サイトはリンクフリーです。

この記事の目次

【アルバム全曲歌詞和訳】
Midnights :
ミッドナイツ -
Taylor Swift:
テイラー・スイフト

 

 

Midnights  - Taylor Swift:テイラー・スイフト【アルバム全曲歌詞和訳】

Midnights  - Taylor Swift:テイラー・スイフト【アルバム全曲歌詞和訳】


 1.  Lavender Haze

 

 

Lavender Hazeは、恋に落ちた時の幸福感に包まれる様子を表現した曲です。

テイラー・スウィフトはこの曲で、1950年代のフレーズ「ラベンダー・ヘイズ」を用いて、恋愛の初期段階における夢中な状態を描いています。

彼女は、この言葉をテレビドラマ「Mad Men」で知り、その美しさに惹かれたと語っています。

曲の中で、テイラーは恋愛を守り、外部の噂や注目から遠ざけることの重要性を歌っており、プライベートな愛を大切にする心情が伝わってきます。

 

 

2.  Maroon

 

 

Maroonは、テイラー・スウィフトのアルバム「Midnights」に収録されている曲で、色「マルーン」をテーマにしています。

この色は成熟した愛を象徴しており、過去の恋愛を振り返る内容となっています。

歌詞では、関係の瞬間に色を割り当てる手法が用いられており、今回はそれらがすべてマルーン色で表現されています。

例えば、「ワインを私にこぼした時 / どのように血が私の頬に駆け寄ったか」というフレーズがあります。

この曲は、テイラー・スウィフトの成長と進化を反映しており、ファンからはその感情を色で描写する能力を称賛されています。

 

 

 

3.  Anti-Hero

 

 

Anti-Heroは、自己認識と葛藤に焦点を当てたテイラー・スウィフトの曲です。

この楽曲では、彼女が自身の内面と向き合い、自分自身のヒーローでありながらも、同時に自分の最大の敵であるという複雑な感情を探求しています。

歌詞では、自己疑念や不安、そして自己受容のプロセスが率直に表現されており、多くのリスナーが自分自身の不完全さと共感することができる内容となっています。

テイラーは、この曲を通じて、人々が自分自身の「アンチヒーロー」に対峙し、それを受け入れることの重要性を伝えています。

 

 

 

4.  Snow On The Beach

 

 

Snow On The Beachは、テイラー・スウィフトがランディ・デル・レイとコラボレーションした曲で、互いに恋に落ちる瞬間を描いたバラードです。

テイラーはこの曲について、「互いに恋に落ちる、運命的で大きな瞬間に気づく、まるで夢のような、現実か夢かわからないような感覚」と説明しています。

また、彼女はランディ・デル・レイを「史上最高の音楽アーティストの一人」と称賛し、彼女と同時代に存在し、コラボレーションできたことに感謝していると述べています。

 

 

 

song-lyrics.net

 

 

 

5.  You’re On Your Own, Kid

 

 

You’re On Your Own, Kidは、テイラー・スウィフトのアルバム「Midnights」に収録されている曲で、自己発見と独立についての旅を描いています。

歌詞は、夏の終わりから始まり、若い愛の最初の兆候を経験するテイラーを見ています。

しかし、彼女が感じていることが一方的な恋愛であることに気づきます。

次の節では、彼女がソングライティングに情熱を持ち始め、心の中の感情を曲に変える方法を学びます。

多くのスウィフトの曲が失恋に関するものであり、『You’re On Your Own, Kid』の歌詞によれば、その傾向は心の痛みから逃れる手段として始まったようです。

有名になった後、彼女は夢が珍しいものではないという障害に直面します。

この節は、若い頃にナッシュビルに向かい、若くしてプロテジェとして称賛されたソングライティングの才能を武器に、同じ賞を狙う有望な新人たちがいることを発見した時期と理解することができます。

次の行では、テイラーは名声の愚かさ、主に公に何度も語られている摂食障害について語ります。

最後の節では、彼女は今日の彼女が業界の大物になります。

彼女は、キム・カーダシアンとカニエ・ウェストとのドラマを参照している可能性が高い、血に染まったガウンで周りを見回し、「彼らが奪うことのできないものを見た」と歌っています。

同時に、彼女は彼女の再録音プロジェクトとそれが彼女にとってアーティストとしての自由をどのように与えたかにうなずいています。

 

 

 

6.  Midnight Rain

 

 

Midnight Rainは、テイラー・スウィフトのアルバム「Midnights」に収録されている曲で、過去の関係を振り返り、自己発見と成長の過程を描いています。

この曲では、テイラーは自分自身の選択と、それによって失われた愛について反省しています。

彼女はキャリアと名声を追求することを選び、その過程で個人的な関係が犠牲になったことを歌っています。

歌詞の中で、テイラーは「Midnight Rain」を象徴的な表現として使用し、変化と成長のために必要だった雨、つまり困難や挑戦を表しています。

 

 

 

7.  Question...?

 

 

Question...?は、テイラー・スウィフトのアルバム「Midnights」に収録されている曲です。

この曲は、自己疑問と内省のテーマを扱っており、歌詞の中でテイラーは自分自身と他人の期待との間で葛藤している様子を描いています。

彼女は、自分が他人にどのように見えるか、また他人が自分に何を期待しているかについての質問を投げかけながら、自己受容と自己理解を求める旅を歌っています。

 

 

 

8.  Vigilante Shit

 

 

Vigilante Shitは、テイラー・スウィフトのアルバム「Midnights」に収録されている曲で、復讐と自己権力をテーマにしています。

この曲では、彼女が過去に受けた裏切りに対する復讐を歌っており、特に音楽業界での経験が反映されていると考えられます。

歌詞では、彼女が自分の手で正義を実現する様子を描いており、力強いメッセージが込められています。

 

ファンの間では、この曲がスクーター・ブラウンへの暗喩的な非難であるという説が広まっています。

ブラウンはテイラーの音楽マスターを彼女の意に反して売却したことで、テイラーの「公敵ナンバーワン」と見なされています。

テイラーは「復讐」をテーマにした曲を通じて、自分自身に対する不正に対抗する姿勢を示しています。

 

 

 

9.  Bejeweled

 

 

Bejeweledは、テイラー・スウィフトのアルバム「Midnights」に収録されている曲で、自己価値と輝きを取り戻すことをテーマにしています。

この曲では、テイラーは自分自身を宝石で飾るように、内面から輝くことの重要性を歌っています。

彼女は、他人に自分の価値を決められるのではなく、自分自身の力で自分の輝きを取り戻すことの大切さを表現しています。

歌詞の中で、「私はまだきらめける、部屋に入ると一面ががまばゆく輝く」というフレーズがあり、自己肯定感と自信を高めるメッセージが込められています。

 

 

 

10.  Labyrinth

 

 

Labyrinthは、迷宮を意味する言葉であり、テイラー・スウィフトの曲では、人生の複雑な道のりや感情の迷路を象徴している可能性があります。

迷宮は古代から存在し、一つの道が中心に向かって螺旋を描くように進むデザインが特徴です。

これは、歩く瞑想や儀式の場として、また個人的、心理的、そして精神的な変容のための道具として使用されてきました。

テイラーの「Labyrinth」では、このような迷宮のメタファーを通じて、恋愛や人生の中で直面する複雑さや混乱を表現していると考えられます。

 

 

 

11.  Karma

 

 

Karmaは、テイラー・スウィフトのアルバム「Midnights」に収録されている曲で、カルマの概念をテーマにしています。

この曲では、テイラーはカルマを甘美なものとして描写し、自分に対する不正や悪意に対する宇宙の正義としてのカルマを信じていることを歌っています。

彼女は、過去に受けた傷や裏切りが最終的には正されるという信念を表現しており、ポジティブなエネルギーと自己肯定感を強調しています。

 

 

 

12.  Sweet Nothing

 

 

Sweet Nothingは、テイラー・スウィフトのアルバム「Midnights」に収録されている曲で、彼女のパートナーであるジョー・アルウィンとの関係を垣間見ることができます。

この曲では、公の目にさらされることの高低を語り、パートナーとの平和と慰めを見つけることについて歌っています。

ジョーは、彼女が世界に提示する不敗の外見にもかかわらず、彼女が最も内面の思考や不安を共有することができる安全な場所を提供します。

 

 

 

13.  Mastermind

 

 

曲の概要: 「Mastermind」はテイラー・スウィフトのアルバム「Midnights」に収録されている曲です。

この曲は、彼女が計画的に行動し、恋人であるジョー・アルウィンとの関係を築いたことについて歌っています。

 

歌詞の解釈: 歌詞では、「一度きりの人生で、運命や星の配置が整った時に、あなたと同じ部屋にいた」というフレーズから始まります。

これは、偶然ではなく、彼女自身が意図的にその瞬間を作り出したことを示唆しています。

 

公開イメージ: テイラーはこの曲を通じて、自分がコントロールを好む人物であるという公共のイメージを自嘲的に表現しており、彼女の計画性や、周囲を意図的に動かす能力を歌っています。

 

個人的な告白: また、彼女は子供の頃から他人に愛されるために努力してきたこと、そしてそれが努力なしに愛されることを望んでいたことを告白しています。

 

 

 

14.  The Great War

 

 

曲のテーマ: 「The Great War」は、恋人同士の間の激しい衝突と和解を描いており、関係の中での試練と成長を象徴しています。

 

歌詞の一部: 「My knuckles were bruised like violets / Sucker punching walls, cursed you as I sleep-talked」などの歌詞は、内面の葛藤と外向的な行動を表しています。

 

音楽的特徴: テイラー・スウィフトとアーロン・デスナーによって制作されたこの曲は、メロディアスでありながらも、歌詞の重みを感じさせる楽曲です。

 

公開反応: ファンや批評家からは、その深い感情表現と物語性で高い評価を受けています。

 

 

 

15.  Bigger Than The Whole Sky

 

 

曲の背景: 「Bigger Than The Whole Sky」は、失われた可能性に対する悲しみと、短い時間であっても大きな影響を与えた人への別れの言葉を表現しています。

 

歌詞の一部: 「Goodbye, goodbye, goodbye / You were bigger than the whole sky / You were more than just a short time」というフレーズは、失った人物の重要性と、その人物と過ごした時間の価値を強調しています。

 

音楽的特徴: テイラー・スウィフトとジャック・アントノフによって制作されたこの曲は、感情的な重みを持ちながらも、聴き手に深い共感を呼び起こすメロディーを特徴としています。

 

ファンの反応: ファンからは、その感情的な深さと、失われた愛に対する美しいオマージュとして高く評価されています。

 

 

 

16.  Paris

 

 

曲のコンセプト: 「Paris」では、愛する人との関係があまりにも強烈で、まるで別の世界、つまりパリにいるかのような感覚を描写しています。

実際のパリにいるわけではなくても、その愛が二人を特別な場所へと導くというメタファーが使われています。

 

歌詞の一部: 「Your ex-friend's sister met someone at a club and he kissed her / Turns out it was that guy you hooked up with ages ago, some wannabe Z-lister」という歌詞は、過去のつながりやゴシップから離れ、現在の愛に集中することの重要性を示しています。

 

音楽的特徴: テイラー・スウィフトとジャック・アントノフによって制作されたこの曲は、軽快なメロディと心地よいリズムを持ち、リスナーを夢見るような気分にさせます。

 

ファンの反応: ファンからは、そのロマンチックな歌詞とメロディで高い評価を受けており、多くの人々が共感を覚える内容となっています。

 

 

 

17.  High Infidelity

 

 

曲のテーマ: 「High Infidelity」では、信頼の破壊とそれに続く後悔が歌われています。

歌詞は、関係の中での安全性を象徴する「鍵」が壊れたことを強力なイメージで表現しています。

 

歌詞の一部: 「Lock broken, slur spoken / Wound open, game token / I didn't know you were keeping count」というフレーズは、関係の中での信頼がどのように壊れていくかを描写しています。

 

音楽的特徴: テイラー・スウィフトとアーロン・デスナーによって制作されたこの曲は、裏切りの感情を表現するための力強いメロディとリズムを持っています。

 

ファンの反応: ファンや批評家からは、その深い感情表現と物語性で高い評価を受けています。

 

 

 

18.  Glitch

 

 

曲のテーマ: 「Glitch」は、予期せぬ恋愛の発展を描いており、その不思議な進行を「グリッチ」と表現しています。

 

歌詞の一部: 「I think there's been a glitch, oh, yeah / Five seconds later, I'm fastening myself to you with a stitch, oh, yeah」という歌詞は、突然の感情の変化を表しています。

 

音楽的特徴: テイラー・スウィフトとジャック・アントノフ、サム・デュー、アンソニー・スピアーズによって制作されたこの曲は、感情的な重みとポップなリズムを融合させています。

 

ファンの反応: ファンや批評家からは、その意外性と感情表現の深さで高い評価を受けています。

 

 

 

19.  Would’ve, Could’ve, Should’ve

 

 

曲のテーマ: 「Would’ve, Could’ve, Should’ve」は、過去の恋愛関係に対する深い後悔と、それによって失われた無邪気さをテーマにしています。

 

歌詞の一部: 「I would've stayed on my knees / And I damn sure never would've danced with the devil / At nineteen」という歌詞は、若い頃の決断がもたらした痛みと、それに伴う成長の痛みを表現しています。

 

音楽的特徴: テイラー・スウィフトとアーロン・デスナーによって制作されたこの曲は、その悲痛な歌詞を支える力強いメロディとリズムを持っています。

 

背景: この曲は、テイラー・スウィフトが19歳の時に経験した関係に基づいていると考えられており、特にジョン・メイヤーとの関係が指摘されています。

 

 

 

20.  Dear Reader

 

 

曲のテーマ: 「Dear Reader」は、自己発見と自己変革の重要性を強調していますが、アドバイスを盲目的に受け入れるべきではないというメッセージも含んでいます。

 

歌詞の一部: 「Dear reader, if it feels like a trap / You're already in one / Dear reader, get out your map / Pick somewhere and just run」という歌詞は、自分の直感を信じ、自分の道を見つけることの重要性を示しています。

 

音楽的特徴: テイラー・スウィフトとジャック・アントノフによって制作されたこの曲は、アドバイスコラムニストの視点を通じて、リスナーに向けた直接的なメッセージを伝えるためのシンプルで心に響くメロディを持っています。

 

ファンの反応: ファンや批評家からは、その直接的なメッセージとシンプルながらも心に響くメロディで高い評価を受けています。

 

 

このアルバムの画像

Midnights  - Taylor Swift:テイラー・スイフト【アルバム全曲歌詞和訳】

Midnights  - Taylor Swift:テイラー・スイフト【アルバム全曲歌詞和訳】